コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牡丹花肖柏 ボタンカショウハク

デジタル大辞泉の解説

ぼたんか‐しょうはく〔ボタンクワセウハク〕【牡丹花肖柏】

[1443~1527]室町中期の連歌師・歌人。公家の中院通淳(なかのいんみちあつ)の子。別号、夢庵・弄花軒。和歌を飛鳥井雅親(あすかいまさちか)に学び、連歌を宗祇(そうぎ)に師事して古今伝授を受けた。宗祇・宗長と吟じた「水無瀬三吟」は有名。家集「春夢草」、著「伊勢物語肖聞抄」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼたんかしょうはく【牡丹花肖柏】

〔「ぼたんげしょうはく」とも〕 (1443~1527) 室町中期の連歌師・歌人。別号、夢庵・弄花軒。和歌を飛鳥井雅親に、連歌を宗祇に師事し古今伝授を受けた。「水無瀬三吟百韻」の作者の一人。「新撰菟玖波集」の撰にも携わる。詠草集「春夢集」、注釈書「弄花抄」「肖聞抄」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牡丹花肖柏
ぼたんかしょうはく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の牡丹花肖柏の言及

【肖柏】より

…室町中期の連歌師,歌人,歌学者。准大臣中院通淳の子。別号は夢庵,牡丹花など。京都の人。連歌師宗祇より伝授された《古今和歌集》《源氏物語》の秘伝を,晩年に移住した堺の人々に伝え,堺伝授の祖となった。《古今和歌集古聞》など,講釈の聞書をもとにした注釈書が多い。連歌師としては,宗祇,宗長と詠んだ《水無瀬(みなせ)三吟百韻》などが伝わる。家集に《春夢草》がある。【小高 道子】…

【南宗寺】より

…わび茶との関係が深く,庭園は古田織部の作と伝えて,泉石の配置の妙で知られ,千利休遺愛の手水鉢もある。また境内には利休のわび茶の師武野紹鷗(たけのじようおう),利休の一門,連歌師の牡丹花肖柏(ぼたんかしようはく)など,錚々たる堺の町衆文化人の墓がある。【藤井 学】。…

※「牡丹花肖柏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

牡丹花肖柏の関連キーワード足利義勝小倉宮金蔵主日野有光足利義勝日野有光モンテフェルトロ家肖柏宗周柳江