コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳江 りゅうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳江 りゅうこう

?-? 戦国時代の連歌師。
山城(京都府)山崎,あるいは摂津溝杭(みぞくい)(大阪府)の人。肖柏(1443-1527)の弟子で,堺で活動したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳江
りゅうこう / リウチヤン

中国、広西チワン族自治区を流れる川。珠江(しゅこう/チューチヤン)水系の西江の支流の一つで、雲貴(うんき)高原南部から流出する融江(ゆうこう)、竜江の2源流が柳城(りゅうじょう)県内で合流してより下流を柳江とよぶ。柳江と名をかえたのち北東方より流下する洛清(らくせい)江をあわせて南流し、象州(しょうしゅう)県内で西江本流の紅水(こうすい)河と合流する。流域は古くから棺材に利用された柳杉の産地で、木材は上流から流送され柳州で加工される。柳州以下に小汽船、上流は小船が航行する。[青木千枝子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の柳江の言及

【新人】より

…その主要な発見地は,アフリカでは南アフリカ共和国のボスコプ,フロリスバッド(3万5000年前),タンザニアのオルドバイ第V層,アジアでは日本の三ヶ日,浜北,聖岳,港川,中国の上洞(1万8000年前。上洞人),柳江,インドネシアのワジャク(ワジャク人),マレーシアのニア洞窟,オーストラリアではコフナ,ケイラー,タルガイ,(1万2400~1万1650年前),アメリカ大陸ではアメリカ合衆国のロサンゼルス(2万6000~2万3600年前),サン・ディエゴ,メキシコのテペスパン(1万1000年前)などの諸遺跡である。ヨーロッパ,西アジア,北アフリカの化石現生人類に,現在この地域に居住するコーカソイド固有の形態特徴がすでに発現していると同様に,他の地域の化石現生人類にもそれぞれ現代につながる地域的特異性が認められている。…

※「柳江」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柳江の関連キーワードコワンシー(広西)チワン(壮)族自治区リウチョウ(柳州)特別市クイチョウ(貴州)高原ミヤオリン(苗嶺)山地リウチョウ(柳州)地区ホンシュイ(紅水)河ホモ・サピエンスシー(西)江今井 卯木西原 柳雨兼康祐元戦国時代今井卯木港川遺跡港川人柳江人呉汝康連歌師紅水河新人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android