コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳江 りゅうこう

2件 の用語解説(柳江の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳江 りゅうこう

?-? 戦国時代の連歌師。
山城(京都府)山崎,あるいは摂津溝杭(みぞくい)(大阪府)の人。肖柏(1443-1527)の弟子で,堺で活動したという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳江
りゅうこう / リウチヤン

中国、広西チワン族自治区を流れる川。珠江(しゅこう/チューチヤン)水系の西江の支流の一つで、雲貴(うんき)高原南部から流出する融江(ゆうこう)、竜江の2源流が柳城(りゅうじょう)県内で合流してより下流を柳江とよぶ。柳江と名をかえたのち北東方より流下する洛清(らくせい)江をあわせて南流し、象州(しょうしゅう)県内で西江本流の紅水(こうすい)河と合流する。流域は古くから棺材に利用された柳杉の産地で、木材は上流から流送され柳州で加工される。柳州以下に小汽船、上流は小船が航行する。[青木千枝子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の柳江の言及

【新人】より

…その主要な発見地は,アフリカでは南アフリカ共和国のボスコプ,フロリスバッド(3万5000年前),タンザニアのオルドバイ第V層,アジアでは日本の三ヶ日,浜北,聖岳,港川,中国の上洞(1万8000年前。上洞人),柳江,インドネシアのワジャク(ワジャク人),マレーシアのニア洞窟,オーストラリアではコフナ,ケイラー,タルガイ,(1万2400~1万1650年前),アメリカ大陸ではアメリカ合衆国のロサンゼルス(2万6000~2万3600年前),サン・ディエゴ,メキシコのテペスパン(1万1000年前)などの諸遺跡である。ヨーロッパ,西アジア,北アフリカの化石現生人類に,現在この地域に居住するコーカソイド固有の形態特徴がすでに発現していると同様に,他の地域の化石現生人類にもそれぞれ現代につながる地域的特異性が認められている。…

※「柳江」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

柳江の関連キーワード桜井基佐宗養連歌師猪苗代兼純元理三甫宗椿(1)土屋永輔能登永閑了派

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone