コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野信一 まきのしんいち

7件 の用語解説(牧野信一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧野信一
まきのしんいち

[生]1896.11.12. 小田原
[没]1936.3.24. 小田原
小説家。 1919年早稲田大学英文科卒業。同年『爪』で島崎藤村に認められ,『凸面鏡』 (1920) ,『父を売る子』 (24) ,『父の百ヶ日前後』 (24) などにより作家としての地位を確立。その後,モダニズムの影響を受け,『村のストア派』 (28) ,『ゼーロン』 (31) ,『鬼涙 (きなだ) 村』 (34) などではギリシア・ローマ神話,中世騎士物語などを下敷きにして幻想に満ちた世界を生み出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まきの‐しんいち【牧野信一】

[1896~1936]小説家。神奈川の生まれ。私小説「父を売る子」で登場。のち、幻想的作風に転じた。他に「ゼーロン」「鬼涙村(きなだむら)」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

牧野信一【まきのしんいち】

小説家。小田原生れ。早大英文科卒。《爪》で島崎藤村に認められ,《父を売る子》などの身辺小説で文壇に出た。小林秀雄による牧野の再評価を経て,《村のストア派》《ゼーロン》など,田園のエピキュリアニズムを描く作風へと変わり,〈ギリシヤ牧野〉といわれる。
→関連項目私小説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野信一 まきの-しんいち

1896-1936 大正-昭和時代前期の小説家。
明治29年11月12日生まれ。大正8年短編「爪」で島崎藤村の称賛をえる。のち私小説的作風から幻想的作風に転じた。昭和6年より「文科」を主宰し,井伏鱒二(いぶせ-ますじ),坂口安吾(あんご)らの新人を推賞。昭和11年3月24日自殺。41歳。神奈川県出身。早大卒。代表作に「父を売る子」「ゼーロン」「鬼涙(きなだ)村」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まきのしんいち【牧野信一】

1896‐1936(明治29‐昭和11)
小説家。神奈川県生れ。早稲田大学英文科卒。1919年,同人雑誌《十三人》に《爪》を発表して島崎藤村に激賞される。やがて《父を売る子》《父の百ヶ日前後》(ともに1924)を発表して文壇的地歩を確立した。初め葛西善蔵に師事して自己戯画化のユーモアと浪漫的傾向の強い作風を示し〈変形私小説〉の呼称を生んだ。27年,一時帰郷後は浪漫的資質を十全に生かして田園叙事詩的作風を開発,《村のストア派》(1928),《ゼーロン》(1931)などの作品で“ギリシヤ牧野”といわれる,昭和文学史上極めて独自な幻想的,超現実的な自己の文学的世界を確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まきのしんいち【牧野信一】

1896~1936) 小説家。神奈川県生まれ。早大卒。処女作「爪」を島崎藤村に激賞され、私小説「父を売る子」などで作家的地位を確立。のちに浪漫的な作風を強めて、特異な幻想的世界を描いた。代表作「ゼーロン」「鬼涙村」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牧野信一
まきのしんいち
(1896―1936)

小説家。明治29年11月12日、神奈川県小田原に生まれる。生後半年で、父が単身渡米。幼時からオルガン英会話を習い、他国の父への憧憬(しょうけい)を募らせた体験が、牧野の幻想的作風の母体となったとも考えられる。早稲田(わせだ)大学英文科卒業後、同窓の下村千秋(しもむらちあき)らと同人誌『十三人』を創刊。ここに載せた処女作『爪(つめ)』(1919)が島崎藤村(とうそん)に認められた。1921年(大正10)鈴木せつと結婚して小田原へ帰るが、中戸川吉二(きちじ)より雑誌『随筆』創刊のための助力を求められ、上京。『随筆』編集を通じて葛西善蔵(かさいぜんぞう)、宇野浩二(うのこうじ)らを知り、第一創作集『父を売る子』(1924)を刊行する。この時期の作品は、父母を題材にした露悪的かつ自虐的な私小説的作風をもつが、戯画的色合いも強い。昭和期に入ると、小田原近辺を舞台とする身辺描写にギリシアや中世のイメージを導入した明るい幻想的作風に転じ、『心象風景』(1931~32)、『ゼーロン』(1931)、『酒盗人』(1932)などを書くとともに、雑誌『文科』を主宰。その後『夜見(よみ)の巻』『天狗(てんぐ)洞食客記』(ともに1933)などの佳作を経て、しだいに暗い私小説的作品が増し、自己嫌悪や母親憎悪の度を深めた『鬼涙(きなだ)村』(1934)、『淡雪』(1935)などを残して、昭和11年3月24日縊死(いし)自殺を遂げた。ほかに作品集『西部劇通信』(1930)、『鬼涙村』『酒盗人』(ともに1936)がある。[柳沢孝子]
『『牧野信一全集』全三巻(1962/増補再刊・1975・人文書院) ▽薬師寺章明著『評説牧野信一』(1966・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の牧野信一の言及

【私小説】より

…小林秀雄や後の中村光夫《風俗小説論》(1950)(風俗小説)の批判にもかかわらず私小説は盛んに書かれていたのである。その主なものは志賀直哉の系統では滝井孝作《無限抱擁》(1921‐24),尾崎一雄《二月の蜜蜂》(1926),《虫のいろいろ》(1948)など,葛西善蔵の系統では牧野信一《父を売る子》(1924),嘉村礒多(かむらいそた)《途上》(1932)などがある。そして前者を調和型心境小説,後者を破滅型私小説に分ける解釈が後に伊藤整《小説の方法》(1948)と平野謙〈私小説の二律背反〉(1951)によって完成,定着していった。…

※「牧野信一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

牧野信一の関連キーワード深刻小説たけくらべヴィーダーウェルニヒ金弘集ゴーブル杉田文三セヴォス立花銑三郎樋口一葉

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牧野信一の関連情報