コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物理アレルギー ぶつりあれるぎーPhysical Allergy

家庭医学館の解説

ぶつりあれるぎー【物理アレルギー Physical Allergy】

[どんな病気か]
 運動、温度の変化、光線、機械的刺激などの物理的刺激によって、じんま疹(しん)や気管支(きかんし)ぜんそくなどのアレルギー症状が現われます。
 これらの症状は、肥満細胞(ひまんさいぼう)という細胞がヒスタミンなどの化学伝達物質を放出し、それが血管や気管支に作用しておこったものです。
 最近、特定の食物摂取と運動がいっしょになっておこる「食物依存性運動誘発性(しょくもついぞんせいうんどうゆうはつせい)アナフィラキシー」という症状(後述)が注目されています。
[症状]
 日光によっておこる皮膚炎、寒冷などの温度変化や機械的刺激によっておこるじんま疹、また、運動した後におこる気管支ぜんそくが代表的なものです。
 また、パン、うどんなどの小麦粉製品やエビ、カニなどを食べて運動したのちに、じんま疹、血圧の低下、意識の消失などが現われる場合があります。これを食物依存性運動誘発性アナフィラキシーといいます。比較的まれなものですが、おとなよりも子どもにおこりやすいといわれています。
[治療]
 まずは、予防がたいせつで、原因となる物理的な刺激を避けることです。
 たとえば、温度の変化に対しては、着るものやマスクの着用などで対応します。
 日光に過敏な場合には、長袖(ながそで)シャツや日焼け止めクリームなどを使います。
 治療としては、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬が使用されます。
 なお、気管支ぜんそく(「ぜんそく(気管支ぜんそく)」)やアナフィラキシーショック(「アナフィラキシーショック」)に対する処置は、それぞれの項目を参照してください。

出典 小学館家庭医学館について 情報

物理アレルギーの関連キーワード物理的アレルギー