コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物理アレルギー ぶつりあれるぎーPhysical Allergy

家庭医学館の解説

ぶつりあれるぎー【物理アレルギー Physical Allergy】

[どんな病気か]
 運動、温度の変化、光線、機械的刺激などの物理的刺激によって、じんま疹(しん)や気管支(きかんし)ぜんそくなどのアレルギー症状が現われます。
 これらの症状は、肥満細胞(ひまんさいぼう)という細胞がヒスタミンなどの化学伝達物質を放出し、それが血管や気管支に作用しておこったものです。
 最近、特定の食物摂取と運動がいっしょになっておこる「食物依存性運動誘発性(しょくもついぞんせいうんどうゆうはつせい)アナフィラキシー」という症状(後述)が注目されています。
[症状]
 日光によっておこる皮膚炎、寒冷などの温度変化や機械的刺激によっておこるじんま疹、また、運動した後におこる気管支ぜんそくが代表的なものです。
 また、パン、うどんなどの小麦粉製品やエビ、カニなどを食べて運動したのちに、じんま疹、血圧の低下、意識の消失などが現われる場合があります。これを食物依存性運動誘発性アナフィラキシーといいます。比較的まれなものですが、おとなよりも子どもにおこりやすいといわれています。
[治療]
 まずは、予防がたいせつで、原因となる物理的な刺激を避けることです。
 たとえば、温度の変化に対しては、着るものやマスクの着用などで対応します。
 日光に過敏な場合には、長袖(ながそで)シャツや日焼け止めクリームなどを使います。
 治療としては、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬が使用されます。
 なお、気管支ぜんそく(「ぜんそく(気管支ぜんそく)」)やアナフィラキシーショック(「アナフィラキシーショック」)に対する処置は、それぞれの項目を参照してください。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

物理アレルギーの関連キーワード物理的アレルギー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android