犬寄峠(読み)いぬよせとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

犬寄峠
いぬよせとうげ

愛媛県中部,伊予市の大洲街道にある峠。標高 330m。 1895年に開通した堀切は標高 306m。 1970年峠の下に国道 56号線の長さ 749mのトンネルが完成した。江戸時代には犬寄に本陣があった。峠の名は山犬オオカミが多かったことにちなむが,1960年までは松山平野役牛を中山地方で預るため,約 1000頭のウシがここに集った。 1986年3月四国で最長の JR予讃線 (内子線) 犬寄トンネル (6012m) が開通した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android