コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬寄峠 いぬよせとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

犬寄峠
いぬよせとうげ

愛媛県中部,伊予市の大洲街道にある峠。標高 330m。 1895年に開通した堀切は標高 306m。 1970年峠の下に国道 56号線の長さ 749mのトンネルが完成した。江戸時代には犬寄に本陣があった。峠の名は山犬オオカミが多かったことにちなむが,1960年までは松山平野役牛を中山地方で預るため,約 1000頭のウシがここに集った。 1986年3月四国で最長の JR予讃線 (内子線) 犬寄トンネル (6012m) が開通した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

犬寄峠の関連キーワード双海[町]

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android