コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山平野 まつやまへいや

5件 の用語解説(松山平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松山平野
まつやまへいや

別称道後平野。愛媛県中部,重信川およびその支流石手川の下流域にある沖積平野。面積約 100km2。北東は高縄山地,南は石鎚山脈に限られ,西は伊予灘に面する。山麓には洪積台地扇状地が発達し,扇端などの湧水は灌漑,工業用水に利用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まつやま‐へいや【松山平野】

愛媛県中央部に広がる沖積平野。南と東は砂岩からなる山地、北は花崗(かこう)岩からなる高縄山地。面積100平方キロメートルで、県最大の穀倉地帯。山麓の斜面ではミカン・ナシの栽培が盛ん。平野北東部の勝山(かつやま)(標高131メートル)に松山城があり、その南側に松山市の市街地が広がっている。道後(どうご)平野。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まつやまへいや【松山平野】

愛媛県松山市周辺の平野。道後平野ともいう。面積は約100km2で,平野には松山市と伊予市の主要部のほか,伊予郡松前(まさき)町,砥部(とべ)町,温泉郡重信町の一部が立地する。重信川および石手川によって形成された沖積平野で,扇状地性三角州を呈し,松山市吉田浜から伊予市にかけては海岸砂丘が連なる。周辺の山麓には播磨塚,矢取川などの洪積台地が発達し,平野内部には松山城のある勝山(松山。132m)をはじめ,星ヶ岡,天山などの分離丘陵が残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕松山平野(まつやまへいや)


愛媛県中部、松山市周辺に広がる平野。重信(しげのぶ)川下流域を占め、伊予灘(いよなだ)に面する。道後(どうご)平野とも。北東の高縄(たかなわ)山地、南の石鎚(いしづち)山脈に限られ、山麓(さんろく)には洪積台地・扇状地が発達。平野部には松山城のある勝山(かつやま)をはじめ、星ヶ岡(ほしがおか)・天山(てんざん)などの孤立丘(もとは島)が残る。山麓ではミカンなどの柑橘(かんきつ)類、低地では水田の裏作としてイチゴタマネギトマトなどを栽培。松山港一帯は臨海工業地帯となっている。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松山平野
まつやまへいや

愛媛県中部の中心をなす平野。道後(どうご)平野ともいう。重信(しげのぶ)川、石手(いして)川、小野川、矢取川などからなる沖積平野で、面積約100平方キロメートル。平野の南縁は石鎚(いしづち)大断層崖(がい)、北東は高縄(たかなわ)山地で、花崗(かこう)岩や第三紀層の崩壊地形が多く、平野を流れる河川は河川運搬物が多い。そのため平野周辺の山麓(さんろく)地帯には洪積台地、河岸段丘、扇状地がよく発達している。扇頂には郡中(ぐんちゅう)(伊予市)、原町(はらまち)(砥部(とべ)町)、横河原(よこがわら)(東温(とうおん)市)などの谷口(渓口)集落がある。扇状地の勾配(こうばい)は1000分の10程度で大きく、乏水性台地の伏流水は扇端で湧泉(ゆうせん)地帯となる。この地帯の開発は古く、条里にちなむ地名が多い。平野北部の和気(わけ)、三津浜(みつはま)、重信川河口左岸には数列の砂堆(さたい)があるが、重信川右岸は埋立地で空港や工場地域になっている。荒れ川の石手川、重信川も近世以来幾度か改修がなされた。平野北東部にいくつかの分離丘陵があり、そのうちの一つの勝山(かつやま)(131メートル)に松山城があり、その南側に松山市の主要市街地が広がっている。[深石一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松山平野の関連情報