コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茂津多岬 もったみさき

4件 の用語解説(茂津多岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茂津多岬
もったみさき

北海道南西部,渡島半島の北部,日本海に面した岬。狩場山 (1520m) が日本海に突出したところで,安山岩が高さ約 200m,長さ約 3kmにわたり絶壁をなし,その崖上に灯台がある。岬付近の海岸は,1972年指定の狩場茂津多道立自然公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もった‐みさき【茂津多岬】

北海道南西部、渡島(おしま)半島にある岬。日本海に面し、海岸一帯は狩場茂津多道立自然公園に指定されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

もつたみさき【茂津多岬】

北海道南西部,渡島(おしま)半島北部の日本海側にある岬。後志(しりべし)支庁島牧村と檜山(ひやま)支庁瀬棚町の境に北から冷水(ひやみず)茂津多岬中茂津多岬,茂津多岬があり,総称して茂津多岬と呼ぶ。狩場山(1520m)が日本海に突出したところで,海岸線は屈曲に富み,高さ数十mの海食崖が約3kmにわたって連続する。狩場茂津多道立自然公園に含まれ,岬の先端には茂津多岬灯台がある。1976年,岬の先端部に国道229号線の茂津多トンネル(全長1974m)が開通した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茂津多岬
もったみさき

北海道南西部、渡島(おしま)半島西岸の日本海に突き出た岬。檜山(ひやま)振興局管内と後志(しりべし)総合振興局管内の境界をなす狩場(かりば)山地が絶壁をなして日本海に臨む所で、神威(かむい)岬、雄冬(おふゆ)岬とともに西蝦夷(えぞ)三険岬とよばれた。国道229号の瀬棚町(現せたな町)―島牧(しままき)村間の工事は16年間を要し、1976年(昭和51)完成。岬下は茂津多トンネル(全長1974メートル)で抜ける。自動車トンネルとしては道内有数の長さ。岬一帯は狩場茂津多道立自然公園域。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の茂津多岬の言及

【島牧[村]】より

…北海道西部,後志(しりべし)支庁島牧郡の村。北は日本海に面する。人口2301(1995)。村名はアイヌ語の〈シュマコマキ(背後に岩のあるの意)〉より転訛したといわれる。文化年間(1804‐1818)に江差の人が運上屋を開設して以来ニシン漁で栄えた。海岸部には漁業集落が点在し,小河川の流域には農地が見られる。おもな漁獲物にはホッケ,イカ,タコなどがある。農業は零細経営の農家がわずかな水田と畑作を営む程度である。…

※「茂津多岬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

茂津多岬の関連キーワード渡島山地渡島半島檜山渡島渡島富士松前大島北海道渡島〈総合振興局〉北檜山〈町〉熊石〈町〉瀬棚〈町〉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone