コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩場山 かりばやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狩場山
かりばやま

北海道南西部,渡島半島の北部にある火山。標高 1520m。島牧村せたな町の境に位置する狩場山地主峰で,半島南半部の最高峰那須火山帯に属し,輝石安山岩からなる扁平な楯状 (アスピーテ) 火山で,裾野が広い。狩場茂津多道立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕狩場山(かりばやま)


北海道南西部、渡島(おしま)半島北部を占める狩場山地の最高峰。標高1520m。なだらかな尾根をもつ盾状(たてじょう)火山で、日本海に突出した西麓(せいろく)は250mに達する海食崖(かいしょくがい)が続く茂津多(もった)岬となる。東腹に賀老(がろう)高原キャンプ場、南麓に紅葉美の狩場渓谷がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狩場山
かりばやま

北海道南西部、渡島(おしま)半島の基部にある狩場山地の主峰。標高1520メートル。檜山(ひやま)振興局管内のせたな町旧瀬棚(せたな)町地区と後志(しりべし)総合振興局管内の島牧村との境界にある。かつては刈場山とも記した。山名はアイヌ語の「カリンパウシ」に由来し、サクラの多い所の意である。新第三系の上に角閃石(かくせんせき)輝石(きせき)安山岩が更新世(洪積世)に噴出したものでアスピーテ型をなしている。旧国鉄瀬棚線はバスに転換されているが瀬棚から東大里まで車で行き、そこから登山するコースがある。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の狩場山の言及

【狩場山地】より

…北海道南西部,渡島(おしま)半島の北部に位置する山地。半島の最高峰をなす主峰狩場山(1520m)はすそ野の広い楯状火山で,他のメップ岳,カスベ岳などの山も新第三紀の火山岩類や火山噴出物から成る。須築(すつき)川,千走川などの深い谷によって開析されて壮年期特有の急峻な地形を成し,山地が日本海に突き出す海岸は高さ数十mの断崖,茂津多岬を形成している。…

※「狩場山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

狩場山の関連キーワード北海道島牧郡島牧村鈴鹿甚右衛門せたな(町)島牧(村)茂津多岬利別川海食崖西麓瀬棚

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android