コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五苓散 ごれいさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五苓散
ごれいさん

漢方における処方薬方の一つ。漢方最古の原典である『傷寒論』に示されたもので,処方は沢瀉 (たくしゃ。沼などに自生するオモダカ科の多年草,サジオモダカの塊茎。利尿,止渇作用がある) を中心に猪苓 (ちょれい。サルノコシカケ科のチョレイマイタケ菌体) ,茯苓 (ぶくりょう。サルノコシカケ科のマツホドの菌体) などを加える。のどがかわいて水を飲むのに尿の出が少いという症状によくきく。乳幼児の風邪,消化不良,自家中毒症小児ストロフルス (じんま疹様苔癬) などが適応とされ,暑気あたり,腎炎,ネフローゼなどにもよく用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ごれいさん【五苓散】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)沢瀉(たくしゃ)猪苓(ちょれい)茯苓(ぶくりょう)朮(じゅつ)桂枝(けいし)または桂皮(けいひ)などを含む。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などに処方が示されている。腎(じん)炎むくみ頭痛急性胃腸炎下痢二日酔いなどに用い、悪心(おしん)、尿量減少、喉(のど)の渇き、水を飲むとすぐに吐くといった症状をともなうとき、とくに有効とされる。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

知恵蔵miniの解説

五苓散

漢方製剤の一種。猪苓(チョレイ)、茯苓(ブクリョウ)、蒼朮(ソウジュツ)または白朮(ビャクジュツ)、沢瀉(タクシャ)、桂皮(ケイヒ)からなる。漢方の原典である中国の古書『傷寒(しょうかん)論』『金匱(きんき要略』に記載されており、現代日本でも、一般用・医療用ともに広く用いられている。体内の水分循環を改善し無駄な水分を除く作用があり、吐き気・嘔吐・下痢・二日酔い・むくみ・めまい・頭痛・尿毒症・腎炎などに効果を発揮する。

(2014-12-19)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五苓散の関連情報