コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猫橋遺跡 ねこはしいせき

世界大百科事典 第2版の解説

ねこはしいせき【猫橋遺跡】

石川県加賀市八日市町と合河町にまたがる弥生時代後期の広範囲な遺跡。遺跡は,加賀市をほぼ南から北へ流れ,柴山潟に注ぐ八日市川の下流一帯の沖積平野にある。1955年に発見され,63年以降に行われた同川の改修工事にともなう発掘調査により,貝塚や竪穴住居らしい遺構がみつかるとともに,豊富な遺物が発見された。多くの弥生時代後期の土器のほか,さまざまな木器,それに若干の石器,骨角器などがある。なかでも長さ14cm,一辺約3cmの角棒状品の側面に,繊細な縦型の流水文を鋭利な刃物で浮彫した木器は,用途不明ながらも弥生時代後期のものとしては,まれにみるものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

猫橋遺跡の関連キーワード石川県加賀市八日市町

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android