獅子口(読み)シシグチ

デジタル大辞泉の解説

しし‐ぐち【×獅子口】

屋根の棟飾りの一。棟の両端に置く瓦で、山形の綾筋があり、上方に経の巻(まき)と称する丸瓦3個をつけたもの。神社・宮殿・邸宅などに用いる。
能面の一。獅子を表すもの。口を大きく開き、きばをむき出す。「石橋(しゃっきょう)」に用いる。
竹製の花器(かき)の一。一重切りで、生け口が獅子の口のように横に広がっているもの。置き花や掛け花に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ししぐち【獅子口】

屋根の棟飾りの一。棟の両端に用いる箱形の瓦で、頂上に経の巻という丸瓦を三~五個のせる。社寺・宮殿建築に多く用いる。
能面の一。口を大きく開き、牙きばをむき出した凶暴な面相のもの。石橋しやつきようの獅子などに用いる。
竹筒の花入れの一。一重切りの窓が横に大きく切られたもの。鰐口わにぐち

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

獅子口
ししぐち

日本建築において、屋根の大(おおむね)両端や、降(くだり)棟・隅(すみ)棟などの端につく棟飾りの一つ。頂部に円筒状の経(きょう)の巻(まき)を3本あるいは5本のせる。獅子口の正面上方にある山形の筋(すじ)を綾(あや)筋またはシメ筋という。獅子口は『年中行事絵巻』に描かれており、すでに平安時代には用いられていたことが知られる。一般に檜皮葺(ひわだぶ)き・(こけらぶ)きの屋根で、棟を瓦(かわら)積みにした場合の棟飾りに用いられる例が多く、「紫宸口(ししんぐち)」「御所棟鬼瓦」ともいわれる。
 またこれとは別に、置き花や掛け花に用いられる竹製の一重(いちじゅう)切りの花器の一つで、獅子の口状に生(い)け口を大きくあけたものも、獅子口といっている。[工藤圭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しし‐ぐち【獅子口】

〘名〙
① 屋根につける棟飾(むねかざ)りの一つ。鬼瓦の代わりに棟の両端に置く瓦。側面に山形の綾筋(あやすじ)があり、上方に経の巻(まき)という三個の丸瓦をつけたもの。神社、宮殿など檜皮葺(ひわだぶき)屋根に瓦棟をおいた時、あるいは唐破風(からはふ)の棟に用いる。
※書言字考節用集(1717)二「蚩吻 シシクチ 俗謬蚩尾蚩吻。称蚩尤首或設鬼頭或為口脣以置屋宇考遠
能面の一つ。獅子のように口を大きく開き、牙(きば)をむき出した凶暴な面相のもの。「石橋(しゃっきょう)」などに用いる。
③ 竹製の花器の一つ。長さ約三〇センチメートルで、生け口が横に大きく、獅子の口に似ている。置花・掛花の両様に用いる。
※雑俳・口よせ草(1736)「獅子口を切そこなって竹をすて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

獅子口の関連情報