コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

獅子口 シシグチ

デジタル大辞泉の解説

しし‐ぐち【×獅子口】

屋根の棟飾りの一。棟の両端に置く瓦で、山形の綾筋があり、上方に経の巻(まき)と称する丸瓦3個をつけたもの。神社・宮殿・邸宅などに用いる。
能面の一。獅子を表すもの。口を大きく開き、きばをむき出す。「石橋(しゃっきょう)」に用いる。
竹製の花器(かき)の一。一重切りで、生け口が獅子の口のように横に広がっているもの。置き花や掛け花に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ししぐち【獅子口】

屋根の棟飾りの一。棟の両端に用いる箱形の瓦で、頂上に経の巻という丸瓦を三~五個のせる。社寺・宮殿建築に多く用いる。
能面の一。口を大きく開き、牙きばをむき出した凶暴な面相のもの。石橋しやつきようの獅子などに用いる。
竹筒の花入れの一。一重切りの窓が横に大きく切られたもの。鰐口わにぐち

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

獅子口
ししぐち

日本建築において、屋根の大(おおむね)両端や、降(くだり)棟・隅(すみ)棟などの端につく棟飾りの一つ。頂部に円筒状の経(きょう)の巻(まき)を3本あるいは5本のせる。獅子口の正面上方にある山形の筋(すじ)を綾(あや)筋またはシメ筋という。獅子口は『年中行事絵巻』に描かれており、すでに平安時代には用いられていたことが知られる。一般に檜皮葺(ひわだぶ)き・(こけらぶ)きの屋根で、棟を瓦(かわら)積みにした場合の棟飾りに用いられる例が多く、「紫宸口(ししんぐち)」「御所棟鬼瓦」ともいわれる。
 またこれとは別に、置き花や掛け花に用いられる竹製の一重(いちじゅう)切りの花器の一つで、獅子の口状に生(い)け口を大きくあけたものも、獅子口といっている。[工藤圭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

獅子口の関連キーワード鬼瓦(建築)足元瓦御所棟棟飾り獅子頭花入れ経の巻邸宅石橋社寺竹筒丸瓦綾筋能面両端面相

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

獅子口の関連情報