コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄旨帰命壇 げんしきみょうだん

3件 の用語解説(玄旨帰命壇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玄旨帰命壇
げんしきみょうだん

比叡山で行われた秘法の一つで,摩多羅神を祀り,その壇前において仏祖の玄旨と修行者の帰命に関する公案を与え,修行者に答えさせて,秘密裏に印可して最高秘密の伝法としたもの。のちにはみだらになる傾向を帯びてきたため,元禄年間 (1688~1704) に禁止され,典籍は焼却された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げんし‐きみょうだん〔‐キミヤウダン〕【玄旨帰命壇】

中世の天台宗で行われた秘法。摩多羅(またら)神を本尊として、秘密裏に師から弟子に奥義を口伝するもの。のち真言宗の一派立川流の影響を受け、愛欲貪財の邪教と化し、江戸中期に禁圧された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

げんしきみょうだん【玄旨帰命壇】

〘仏〙 中世の天台宗の一部で行われた秘法。摩多羅神またらじんを本尊として灌頂を行い、奥義を口伝した。中世天台の現実肯定的傾向が強く、のちには真言宗の異端立川流などの影響を受けて欲望を積極的に評価し、江戸中期には邪教として禁圧された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玄旨帰命壇の関連キーワード孝暢円頓戒三観遮那業秘法摩多羅神朝題目止観業俗諦常住修多羅亮延

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone