コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珪華 ケイカ

岩石学辞典の解説

珪華

温泉や間欠泉のそばに産するシンター堆積物の一般的名称.このシリカは一般にオパール質で塊状で壊れやすく,締りがなく,鱗状または凝固したものなどである[Delametherie : 1812, Pettijohn : 1949].アイスランド語でgeysaは勢いよくほとばしるの意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

珪華
けいか

おもにケイ酸からできている物質で、温泉や地下水から化学的に沈殿したもの。ほとんどは非晶質で、オパールの一種と考えられる。しばしば植物の葉や茎などの表面に沈着してその組織を置き換えたり、温泉を汲(く)み上げるパイプの内側などにできていることがある。層状ないし皮殻状であるほか、砂などを核にして小球となり、それが多数集まって魚卵状をなすものなどがある。日本各地の温泉でよくみられる。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

珪華の関連キーワードゲイザライト安曇野(市)底倉[温泉]安曇野市木の葉石中房温泉珪質岩穂高蛇骨

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android