コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現象学的社会学 げんしょうがくてきしゃかいがく phänomenologische Soziologie

4件 の用語解説(現象学的社会学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現象学的社会学
げんしょうがくてきしゃかいがく
phänomenologische Soziologie

E.フッサールの現象学的方法を適用することにより理論社会学に一つの転期をもたらした社会学。第1次世界大戦ドイツを中心として興り,T.リット,M.シェーラー,S.クラカウアーらによって主張され,フランスの G.ギュルビッチ,日本の蔵内数太らに受継がれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

現象学的社会学【げんしょうがくてきしゃかいがく】

人々が生活する日常世界の多様性と固有性を基礎として,社会を社会的体験の意味世界の領域として理解する視点と方法。フッサールの現象学やそれを批判的に継承したシュッツの方法を出発点としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

げんしょうがくてきしゃかいがく【現象学的社会学】

フッサール現象学の方法を社会研究に応用しようと試みる社会学。シュッツ・ P =バーガーらが開拓。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

現象学的社会学
げんしょうがくてきしゃかいがく
phenomenological sociology

現代社会学の一潮流。構造機能主義シンボリック相互作用論などと並び今日の社会学の主要なアプローチ、方法、パースペクティブ(人間論的視角)の一つを形づくっている。フッサールの現象学の眼目「事象そのものへ」および意識の志向性(志向的意識)を存立の基盤とする「意味の社会学」であり、相互主観的(間主観的ともいう)な日常の生活世界の探究が試みられてきている。現象学的社会学の出発点は、客体化された社会的世界にあるのではなく、生きられた(体験された)社会的世界にあり、人間(人生の旅人、生活者)による世界体験の記述を通して、実存の領域である世界の地平と生活の領域、現実の諸様相が照らし出されるのである。
 現象学的社会学はフッサールの現象学に根ざした方法に基づく、まさに独自の社会学だが、フッサールの影響下にあるということでは、フィーアカント、知識社会学や哲学的人間学などで知られるシェラー、「視界の相互性」について論じたリットなどの業績がまず注目される。こうした人々の業績を現象学と社会学の名のもとに考察することもできるが、今日、現象学的社会学という場合には、フッサールとウェーバーの2人からとくに大きな影響を受けたシュッツの業績が注目されている。シュッツはベルクソン、ジェームズ、サムナー、クーリー、タマスなど多くの人々からも影響を受けている。フッサールのアプローチと方法は「事象そのものへ」ということばによく表れている。フッサールの後期思想に入る生活世界論、シュッツの多元的現実論などが現象学的社会学のモチーフと方法としてとくに注目される。シュッツの流れにたつバーガーやルックマンの仕事、さらにシュッツの影響を受けてもいるガーフィンケルのエスノメソドロジーethnomethodologyなどを現象学的社会学の場面と文脈において理解することもできる。
 現象学の諸現象は経験の諸事実ではなく、意味なのであり、記述さるべき諸現象はもろもろの意味にほかならない。現象学的社会学では、人間は意味の付与、意味の理解と解釈などの主体なのであり、人間存在、日常の生活世界、生活誌の状況、生活史、自我、アイデンティティ、身体、他者、多元的現実、生活の場面と諸領域などの考察が行われてきている。現象学的社会学の舞台に姿をみせる人間は、アクティブな創造的人間、意味のなかで生きている生活者なのであり、世界や生活、他者や道具や作品、また風景などに巻き込まれた状態にある世界体験の主体である人間と人間の生存領域が、クローズアップされてくるのである。[山岸 健]
『P・L・バーガー、T・ルックマン著、山口節郎訳『日常世界の構成』(1977・新曜社) ▽A・シュッツ著、佐藤嘉一訳『社会的世界の意味構成』(1982・木鐸社) ▽M・ナタンソン他編、渡部光・那須壽・西原和久訳『アルフレッド・シュッツ著作集』第1~4巻(1983~98・マルジュ社) ▽江原由美子・山岸健編『現象学的社会学』(1985・三和書房) ▽江原由美子著『生活世界の社会学』(1985・勁草書房) ▽H・ガーフィンケル、山田富秋他編訳『エスノメソドロジー』(1987・せりか書房) ▽西原和久編著『現象学的社会学の展開』(1991・青土社) ▽廣松渉著『現象学的社会学の祖型』(1991・青土社) ▽山岸健著『社会的世界の探究』新増補(1997・慶応義塾大学出版会) ▽那須壽著『現象学的社会学への道』(1997・恒星社厚生閣) ▽A・シュッツ著、桜井厚訳『現象学的社会学の応用』新装版(1997・御茶の水書房) ▽好井裕明著『批判的エスノメソドロジーの語り』(1999・新曜社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現象学的社会学の関連キーワード池上鎌三ノエシスノエマ反致法現象学リップスレビナスメルロポンティ《科学的発見の現象学》《純粋現象学および現象学的哲学のための諸構想》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

現象学的社会学の関連情報