コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現象論 ゲンショウロン

デジタル大辞泉の解説

げんしょう‐ろん〔ゲンシヤウ‐〕【現象論】


㋐我々が認識できるものは現象だけで、本体そのものは認識できないという説。
㋑我々の認識できる現象そのものが実在で、そのほかに本体は存在しないとする説。現象主義。
事物の表面的な現れだけをみて行う議論。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現象論
げんしょうろん

現象主義」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

現象論
げんしょうろん
phenomenalism英語
Phnomenalismusドイツ語
phnomnalismeフランス語

現象主義ともいわれ、外的な世界の認識についての次のような考え方のこと。すなわち、たとえばある物体を知覚する場合、われわれは存在する物体そのものを知覚しているのではなく、われわれに知覚されている限りのものを知覚しているにすぎず、しかもその際、その知覚を成立させている色や形などの感覚所与センスデータ)のみが、もっとも直接的で確実なものであるとする考え方。したがってこの立場を徹底するなら、物体は感覚所与の集まりということになり、外界の存在を前提とする通常の立場からは認められる外界についての知識も、けっして確実なものとはいえなくなる。つまり、常識で確信している外界の姿は仮象でしかなく、またたとえ外界が存在するとしても、われわれには不可知なものとしかいえなくなる。このような考え方は古典的にはヒュームに、20世紀ではカルナップらの論理実証主義の議論のうちにみいだすことができる。[清水義夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

現象論の関連情報