コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現象論 ゲンショウロン

3件 の用語解説(現象論の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんしょう‐ろん〔ゲンシヤウ‐〕【現象論】


㋐我々が認識できるものは現象だけで、本体そのものは認識できないという説。
㋑我々の認識できる現象そのものが実在で、そのほかに本体は存在しないとする説。現象主義。
事物の表面的な現れだけをみて行う議論。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現象論
げんしょうろん

現象主義」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

現象論
げんしょうろん
phenomenalism英語
Phnomenalismusドイツ語
phnomnalismeフランス語

現象主義ともいわれ、外的な世界の認識についての次のような考え方のこと。すなわち、たとえばある物体を知覚する場合、われわれは存在する物体そのものを知覚しているのではなく、われわれに知覚されている限りのものを知覚しているにすぎず、しかもその際、その知覚を成立させている色や形などの感覚所与センスデータ)のみが、もっとも直接的で確実なものであるとする考え方。したがってこの立場を徹底するなら、物体は感覚所与の集まりということになり、外界の存在を前提とする通常の立場からは認められる外界についての知識も、けっして確実なものとはいえなくなる。つまり、常識で確信している外界の姿は仮象でしかなく、またたとえ外界が存在するとしても、われわれには不可知なものとしかいえなくなる。このような考え方は古典的にはヒュームに、20世紀ではカルナップらの論理実証主義の議論のうちにみいだすことができる。[清水義夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現象論の関連キーワード水平解像度一管形而下高嶺の花出来るだけズーイクニックタクシコニックエス-テクトナイトエル-エス-テクトナイトエル-テクトナイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

現象論の関連情報