事理(読み)じり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

事理
じり

仏教用語。事と理。この現実の世界の種々さまざまな存在や諸現象を事といい,その相対的な存在や諸現象に遍在する絶対的な真理 (真如) を理という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じり【事理】

物事の道理。すじみち。 「 -をわきまえる」
〘仏〙 事と理、すなわち現象界の事物・事象と、その背後にある絶対の真理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐り【事理】

〘名〙
① 事のすじみち。事の道理
※本朝文粋(1060頃)一・見二毛〈源英明〉「悲止思事理、事理信可知」
※雑話筆記(1719‐61)上「とんとかうなければならぬと云事理より、大公明白、天下万世おっぱれての放伐で」 〔黄公望‐王叔明為陳惟允天香書屋図詩〕
② 事柄とその道理・筋道
※権記‐長徳四年(998)三月二八日「倩案事理、法務者僧綱之職也」
③ 仏語。現象と本体。「事」は因縁によって生じた差別的なすべての事物、現象。「理」は因縁の造作を離れた絶対の本体、すなわち真理をさす。〔性霊集‐七(835頃)〕
④ 仏語。修学と修行。〔醍醐寺新要録(1620)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

事理の関連情報