コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事理 じり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

事理
じり

仏教用語。事と。この現実の世界の種々さまざまな存在や諸現象を事といい,その相対的な存在や諸現象に遍在する絶対的な真理 (真如) を理という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じ‐り【事理】

事の筋道。道理。「事理明白」
仏語。事と理。すなわち、外相(げそう)である相対的差別の現象と、その本体である絶対平等の真理。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じり【事理】

物事の道理。すじみち。 「 -をわきまえる」
〘仏〙 事と理、すなわち現象界の事物・事象と、その背後にある絶対の真理。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

事理の関連キーワード辭・事・似・侍・児・兒・地・字・寺・峙・怩・恃・慈・持・時・次・治・滋・爾・璽・痔・磁・示・耳・自・辞・餌フラー(John Frederick Charles Fuller)B.H. リデル・ハートレ・ホン・フォンレ・ホン・フォンリデル・ハート遺言(いごん)クラウゼビッツクラウゼウィツ成年被後見人後見(法律)成年後見制度ド・ゴール十七条憲法多田 督知後見監督人成年後見人準禁治産者被保佐人被補助人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

事理の関連情報