コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理無い ワリナイ

デジタル大辞泉の解説

わり‐な・い【理無い】

[形][文]わりな・し[ク]《「割り無い」で、理性や道理では計り知れない意》
理屈や分別を超えて親しい。非常に親密である。多く、男女関係についていう。「いつしか―・い仲になる」
道理に合わない。理屈ではどうにもならない。
「心をぞ―・きものと思ひぬる見るものからや恋しかるべき」〈古今・恋四〉
なすすべを知らない。どうしようもない。
「扇をさし出でて制するに、聞きも入れねば、―・きに」〈・二二二〉
どうにもできなくて苦しい。堪えきれない。
「この人の思ふらむことさへ、死ぬばかり―・きに」〈・帚木〉
やむをえない。しかたない。
「―・く夜更けて泊まりたりとも、さらに湯漬けをだに食はせじ」〈・一九六〉
やっとのことである。精一杯である。
「―・くして此(か)く隠れて命を存することは有難し」〈今昔・二九・三七〉
程度がはなはだしい。ひととおりでない。
「―・う古めきたる鏡台の」〈・末摘花〉
言いようもないほどすばらしい。何とも殊勝である。
「眉目形(みめかたち)、心ざま、優に―・き者で候とて」〈平家・一〇〉
何ともいじらしい。けなげである。
「春を忘れぬ遅桜の花の心―・し」〈奥の細道
[派生]わりなさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わりない【理無い】

( 形 ) [文] ク わりな・し
〔「理ことわり無し」の意から〕
理屈では割り切れないほどの深い関係だ。特に、男女関係についていう。 「 - ・い仲になる」
道理に合わない。筋が通らない。むちゃくちゃだ。 「人のうへいふを腹立つ人こそいと-・けれ/枕草子 270
どうしようもなくつらい。やりきれない。 「手にてもえさし出づまじう、-・し/枕草子 184
やむを得ない。避けられない。 「いみじう酔ひて、-・く夜ふけてとまりたりとも/枕草子 196
ひととおりでない。格別だ。 「 - ・うふるめきたる鏡台の/源氏 末摘花
非常にすぐれている。すばらしい。 「みめかたち心ざま、優に-・きもので候とて/平家 10
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

理無いの関連キーワード枕草子

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android