コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁川沖海戦 じんせんおきかいせん

2件 の用語解説(仁川沖海戦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁川沖海戦
じんせんおきかいせん

日露戦争直前の日本とロシアの海戦。 1904年2月8日,朝鮮の仁川港に入港した日本の巡洋艦6隻が,港内のロシア巡洋艦『ワリヤーグ』,砲艦『コレーツ』とロシア汽船に対し,出港しなければ攻撃すると威嚇し,9日にロシア艦隊が出港したところを沖まで追跡して砲撃した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じんせんおき‐かいせん【仁川沖海戦】

明治37年(1904)2月9日に、朝鮮半島西部に位置する仁川港の沖合で行われた日本とロシアとの戦闘。旅順港への第一次攻撃とともに日露戦争口火を切る戦いとなった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仁川沖海戦の関連キーワード日露協約ロジェストベンスキー黄海の海戦日露奉天の会戦大江志乃夫日露戦争と捕虜新井有貫佐藤甫梨羽時起

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone