コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁川沖海戦 じんせんおきかいせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁川沖海戦
じんせんおきかいせん

日露戦争直前の日本とロシアの海戦。 1904年2月8日,朝鮮の仁川港に入港した日本の巡洋艦6隻が,港内のロシア巡洋艦『ワリヤーグ』,砲艦『コレーツ』とロシア汽船に対し,出港しなければ攻撃すると威嚇し,9日にロシア艦隊が出港したところを沖まで追跡して砲撃した。『ワリヤーグ』は沈み,ほかの2隻は自沈した。日本巡洋艦は,『千代田』『高千穂』『浅間』『浪速』『明石』『新高』。司令官は瓜生外吉少将。 10日に日本はロシアに対して宣戦布告した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じんせんおき‐かいせん【仁川沖海戦】

明治37年(1904)2月9日に、朝鮮半島西部に位置する仁川港の沖合で行われた日本とロシアとの戦闘旅順港への第一次攻撃とともに日露戦争口火を切る戦いとなった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

仁川沖海戦の関連キーワード瓜生 外吉八代六郎村上格一

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android