瓜破遺跡(読み)うりわりいせき

  • うりわりいせき ‥ヰセキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大阪市平野区瓜破西之町に所在する弥生(やよい)時代の遺跡。標高7~10メートルの低い丘陵の末端に位置し、前期から後期に及ぶ各時期の土器や石器などが採集されているほか、後期の土器に伴って貨泉(かせん)(中国古貨幣)が発見されている。1952年(昭和27)に実施された発掘調査では、弥生前期の竪穴(たてあな)が検出されており、多くの土器や炭化米のほか、未成品を含む木製鍬(くわ)先などが発見されている。約900メートル北に位置する瓜破北遺跡では、76年から開始された発掘調査によって、弥生時代前期から古墳時代に至る遺構や遺物が検出されており、古墳時代前期の方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)からは、中国、王莽(おうもう)代の方格規矩鏡(ほうかくきくきょう)片と、懸垂のために2孔をあけた後漢(ごかん)代の内行花文鏡(ないこうかもんきょう)片が発見されている。

[田代克己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

大阪府東住吉区瓜破の大和川の河床にある彌生時代前期の遺跡。各種石器、土器に銅鏃(どうぞく)、銀釧(ぎんせん)、貨泉(かせん)など多量の遺物を出土した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android