コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生殖質 せいしょくしつ germ plasm

翻訳|germ plasm

2件 の用語解説(生殖質の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生殖質
せいしょくしつ
germ plasm

生殖細胞に含まれていて,個体発生と受精を通じて次の世代へと順次受継がれる要素。 A.ワイスマンは卵の細胞質を,細胞分化の決定子をもつ生殖質と,体細胞質に分け,生殖質を受けた細胞が生殖細胞となり,世代から世代へと引継がれるという生殖質連続説を唱えて,体質 somaと生殖質を峻別した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せいしょくしつ【生殖質 germ‐plasm】

1883年A.ワイスマンが提唱した生殖質説で想定した遺伝物質で,遺伝子に似た概念である。この説によれば生殖質は生物の遺伝と生殖に関与するデテルミナントdeterminant(決定要素)とよばれる単位から構成される。そして生殖細胞はその種に特有なあらゆるデテルミナントを含み,その構成を変化させることなく世代から世代へと伝達してゆく。これを生殖質の連続性という。生殖質以外の生体物質はすべて体質とよばれ,体質よりなる部分を体(たい)somaといい,体細胞はすべて体質よりなるとされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

生殖質の関連キーワードワイスマンワイスマン説ウーミンワイスマニズムタマンイスマイルマルスキナースマンがゆくネオ・ダーウィニズム《生殖質説》生殖質連続説ワイスマン=ルーのモザイク説

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone