コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生産的思考 せいさんてきしこうproductive thinking

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生産的思考
せいさんてきしこう
productive thinking

心理学用語。既知手段によらず新しい反応様式を獲得して課題を解決する過程。これに対し,課題場面において既知の手段が利用される過程は再生的思考といわれる。 M.ウェルトハイマーによれば,生産的思考特質は構造転換ないし中心転換,すなわち場面の認知構造の再構成化が生じることと考えられる。これと同質の行動が動物にもみられることは W.ケーラーチンパンジーの行動の研究で示唆されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいさんてき‐しこう〔‐シカウ〕【生産的思考】

過去に得た知識経験に基づく再生的思考に対して、新しい解決や認識を生み出す創造的な思考。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいさんてきしこう【生産的思考】

単なる経験の再生ではなく、新しい解決法や認識を生み出すような思考。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

生産的思考の関連キーワードマックス ウェルトハイマーゲシュタルト心理学創造的思考過去

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android