コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗い アライ

2件 の用語解説(粗いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あら・い【粗い】

[形][文]あら・し[ク]《「荒い」と同語源》
すきまが大きい。また、粒が大きくざらざらしている。細かでない。「目の―・い網」「粉のひき方が―・い」⇔細かい
手触りがなめらかでない。すべすべしていない。「きめの―・い肌」
粗雑である。大ざっぱである。大まかである。「表現が―・い」「経費を―・く見積もる」
[派生]あらさ[名]

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あらい【粗い】

( 形 ) [文] ク あら・し
〔「荒い」と同源〕
まばらだ。すき間がある。 「目の-・い網」
ざっと一通りするようす。おおざっぱだ。 「全体を-・く調べる」
粗雑だ。 「試合運びが-・い」
細かくない。大きい。 「つぶが-・い」
ざらざらしている。ごつごつしている。なめらかでない。 「きめが-・い」
人けがない。荒涼としている。 「大和をも遠く離りて岩が根の-・き島根に宿りする君/万葉集 3688
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粗いの関連情報