コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

育つ ソダツ

デジタル大辞泉の解説

そだ・つ【育つ】

[動タ五(四)]
生まれた生物が時間がたつにつれてしだいに大きくなり、成熟に向かう。成長する。生長する。「母乳で―・つ」「麦が―・つ」
鍛えられ、力を身につけて一人前になる。「若手の投手が―・つ」「研究者が―・つ」

㋐小さな規模で始めた物事が順調に発展する。「民主政治が―・つ」「会社が―・つ」
㋑ある考え方・気持ちなどが着実に伸びる。「自立心が―・つ」「愛情が―・つ」
[動タ下二]そだてる」の文語形

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そだつ【育つ】

( 動五[四] )
生物が成熟に向かって進む。大きくなる。成長する。 「立派な青年に-・つ」 「親がなくとも子は-・つ」 「稲が-・つ」 「海辺で-・った」 「みなし子の-・つ行方の無慙さよ/曽我 3
(技能などを身につけて)一人前になってゆく。 「若手が-・つ」 「後継者が-・たない」
大きな規模にまで発展する。 「愛情が-・つ」 〔「育てる」に対する自動詞〕
( 動下二 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

育つの関連キーワード箸より重い物を持たない生まれ育つ・生れ育つ牛にも馬にも踏まれず生い立ち・生立ち寝る子は育つひとめぼれバルチュスアイビー野山育ち細野豪志上坂冬子御蚕包み生ひ成る山家育ちギラード生え抜き共育の日屋敷育ち一人前契約親

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

育つの関連情報