コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生駒騒動 いこまそうどう

3件 の用語解説(生駒騒動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生駒騒動
いこまそうどう

江戸時代初期,讃岐高松生駒氏に起った御家騒動。4代藩主高俊は元和7 (1621) 年 11歳で家督を継ぎ,外祖父藤堂高虎が後見役となった。しかし高俊は生来暗愚であったため,高虎の家臣前野助左衛門,石崎若狭らに乗ぜられ,両名は老臣江戸家老生駒将監を讒してこれを追い,次いで高俊内室が老中土井利勝の娘であったところから利勝の命と称し腹心,縁者を要職に配し藩政を専断,藩政は混乱をきわめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いこまそうどう【生駒騒動】

讃岐高松藩生駒氏に起こった御家騒動。1621年(元和7)生駒高俊は幼少にして父正俊の跡をついだ。後見役に外祖父にあたる伊勢津藩主藤堂高虎が命じられた。その後藩政の主導権をめぐって,国家老生駒将監と前野助左衛門・石崎若狭とが争い,前野と石崎は藤堂高虎へ讒言(ざんげん)して生駒将監を失脚させ,家老職につき藩政を専断した。それに対し,将監の子生駒帯刀を中心とした一派は,37年(寛永14)土井,藤堂,脇坂の諸家にこのことを訴え出た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生駒騒動
いこまそうどう

讃岐(さぬき)国(香川県)高松藩主生駒家で起こった御家(おいえ)騒動。4代藩主高俊(たかとし)は幼少で家督相続をしたため、外祖父藤堂高虎(とうどうたかとら)が後見役を務めていた。重臣前野助左衛門、石崎若狭(わかさ)は高虎に取り入り、国家老の生駒将監(しょうげん)を排し江戸家老として権力を握った。さらに、高俊の内室が幕府老中土井利勝(どいとしかつ)の娘であることを利用し、利勝の名のもとに国政をほしいままに行うに至った。これに対し、将監没後に跡を継いだ子帯刀(たてわき)は、前野、石崎の横暴を19か条にしたため1637年(寛永14)幕府に訴えた。評定所(ひょうじょうしょ)で何回かにわたる吟味の結果、生駒氏は領地没収され、高俊は出羽(でわ)国(秋田県)矢島1万石に転封された。前野、石崎は切腹、その一党は死罪に処された。これに対し帯刀は松江藩領預(あずけ)となるなど、反対派は軽い処分で事件は落着した。[橋詰 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生駒騒動の関連キーワード小川町住生駒氏御家騒動加賀騒動高松藩御家狂言曲垣平九郎樅ノ木は残った生駒一正生駒高俊

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone