暗愚(読み)あんぐ

精選版 日本国語大辞典「暗愚」の解説

あん‐ぐ【暗愚】

〘名〙 (形動) かで道理のわからないこと。また、その人。
※三代制符‐建久二年(1191)三月二二日・後鳥羽天皇宣旨「仰、愚之民放濫之輩、各募己威、不皇憲
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「国王尚寧(せうねい)暗愚(アング)にして、骨肉を遠離(とほざけ)、忠臣を殺す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「暗愚」の解説

あん‐ぐ【暗愚】

[名・形動]物事の是非を判断する力がなく、愚かなこと。また、そのさま。「暗愚な為政者」
[類語]蒙昧愚昧馬鹿阿呆あほう魯鈍ろどん愚鈍無知愚蒙ぐもう頑愚愚か薄のろ盆暗ぼんくらまぬけとんまたわけ馬鹿者馬鹿野郎馬鹿たれ与太郎抜け作おたんこなすおたんちんあんぽんたんべらぼう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android