水野成夫(読み)みずのしげお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水野成夫
みずのしげお

[生]1899.11.13. 静岡
[没]1972.5.4.
昭和期の実業家。東京帝国大学を卒業後,日本共産党に入党し,産業労働調査所に勤務。 1927年,日本共産党を代表してコミンテルン極東政治局に派遣され,中国の武漢政府樹立に参画するが,28年の三・一五事件で検挙され,翌年獄中で転向。 40年に大日本再生製紙会社を設立し,同社が国策パルプ会社に吸収されたのち,社長に就任。その後は文化放送ニッポン放送産業経済新聞社,フジテレビなどの社長を歴任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野成夫 みずの-しげお

1899-1972 昭和時代の経営者。
明治32年11月13日生まれ。共産党にはいるが,三・一五事件で検挙されて転向。昭和15年南喜一と大日本再生製紙を創立し,31年合併先の国策パルプ社長となる。文化放送,フジテレビ,産業経済新聞社の社長もかねた。経団連理事。昭和47年5月4日死去。72歳。静岡県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みずのしげお【水野成夫】

1899‐1972(明治32‐昭和47)
実業家。静岡県出身。1924年東京帝国大学法学部を卒業。25年共産党再建ビューローに参加し,野坂参三産業労働調査所に入った。27年党中央事務局主任となるが,28年三・一五事件で検挙され,29年獄中で転向する。保釈後,30年日本共産党労働者派を組織し,コミンテルンに盲従して,君主制の廃止を主張する共産党を批判したが,大衆化できずに32年解党した。この後,文学に転じ,A.フランスの《神々は渇く》,A.モーロアの《英国史》などを訳し,ベストセラーになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android