コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中恭吉 たなか きょうきち

3件 の用語解説(田中恭吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中恭吉 たなか-きょうきち

1892-1915 大正時代の版画家。
明治25年4月9日生まれ。白馬会洋画研究所をへて,明治44年東京美術学校(現東京芸大)に入学。大正3年藤森静雄,恩地孝四郎とともに木版画と詩歌の同人誌「月映(つくばえ)」を刊行。肺結核のため大正4年10月23日,24歳で早世。遺作に萩原朔太郎(さくたろう)の詩集「月に吠える」の挿絵。和歌山県出身。号は未知草。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

田中恭吉

没年:大正4.10.23(1915)
生年:明治25.4.9(1892)
大正期の木版画家。和歌山市に生まれ,明治43(1910)年,中学校を卒業して上京。白馬会洋画研究所で洋画を学ぶが,44年,東京美術学校(東京芸大)日本画科に入学した。在学中,恩地孝四郎,藤森静雄と交遊し,「微笑派の3人」と呼ばれる。大正2(1913)年喀血。母を早くに失ったせいか,内向的な性格でさらに孤立感と感傷が作品に影を落とす。3年より恩地らと共に詩と木版画の同人誌『月映』を刊行し,誌上に死のイメージの色濃い,表現主義的な版画を発表。萩原朔太郎に詩集『月に吠える』の挿絵を依頼されるなど,大正期の時代的感性を雄弁に物語る作風を示したが,23歳で夭折した。

(山梨絵美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中恭吉
たなかきょうきち
(1892―1915)

版画家。和歌山市に生まれる。1911年(明治44)東京美術学校日本画科に入学し、翌年のフュウザン会第1回展には田中未知草(みちくさ)の名で水彩画『道化役者』を出品する。また恩地孝四郎(おんちこうしろう)、藤森静雄と親交を結び、14年(大正3)から翌年にかけて木版画と詩の同人誌『月映(つくはえ)』七巻を刊行、わが国創作版画の運動に大きく貢献したが、肺結核療養中の郷里で大正4年10月23日22歳で没し、同年12月東京・日比谷(ひびや)美術館で遺作展が開かれた。『病める夕』(木版画)、『心原幽趣』(ペン画連作)などに独特の世紀末的芸術を示す。[小倉忠夫]
『田中恭吉著、澤田伊四郎編『太陽と花』(1983・龍星閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の田中恭吉の言及

【月に吠える】より

…詩56編,北原白秋と萩原自身の序文,室生犀星の跋文。田中恭吉,恩地孝四郎の版画15点を挿入。1914年後半から15年前半までの約1年間に爆発的に制作された作品が主体をなす。…

※「田中恭吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

田中恭吉の関連キーワード高校野球イタリア映画カルクアルカリ岩カルクアルカリ花崗岩久米事件大林組(株)岸沢式佐保護鳥立憲改進党光の科学史

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田中恭吉の関連情報