コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中美知太郎 たなかみちたろう

6件 の用語解説(田中美知太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中美知太郎
たなかみちたろう

[生]1902.1.1. 新潟
[没]1985.12.18. 京都
哲学者,評論家。ギリシア哲学の権威。 1926年京都大学哲学科選科卒業。 1928年から法政大学講師,1930年からは東京文理大学講師を務めながら,ギリシア哲学のみならず,文学,歴史など西洋古典学全般にわたって研鑽を積んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たなか‐みちたろう〔‐ミチタラウ〕【田中美知太郎】

[1902~1985]哲学者。新潟の生まれ。京大教授。古代ギリシャ哲学、特にプラトン研究に業績をあげた。文化勲章受章。著「ロゴスイデア」「プラトン」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

田中美知太郎【たなかみちたろう】

哲学者。新潟県生れ。京大卒。京大教授。日本のギリシア・ラテン文化研究の先駆者で,戦争中は軍国主義ファシズムを批判し,戦後は〈進歩的文化人〉にも批判的であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中美知太郎 たなか-みちたろう

1902-1985 昭和時代の哲学者。
明治35年1月1日生まれ。昭和25年京大教授。ギリシャ哲学,とくにプラトン哲学の研究とその翻訳紹介につくす。日本西洋古典学会を設立し,委員長。ジャーナリズムの世界でも健筆をふるい,日本文化会議理事長をつとめた。53年文化勲章。昭和60年12月18日死去。83歳。新潟県出身。京都帝大卒。著作に「ロゴスとイデア」「善と必然との間に」「プラトン」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たなかみちたろう【田中美知太郎】

1902~1985) 哲学者。新潟県生まれ。京大教授。プラトンをはじめとする古代ギリシャ哲学研究の一方で、政治評論を多数発表。著「ロゴスとイデア」「愛国心について」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中美知太郎
たなかみちたろう
(1902―1985)

西洋古典学者、評論家。明治35年新潟県に生まれる。1926年(大正15)京都帝国大学文学部哲学科選科修了。法政大学、東京文理科大学講師(ギリシア語と哲学の担当)を経て、1947年(昭和22)京都帝国大学文学部助教授となり、1950年京都大学文学部教授。1978年に文化勲章を受章。生涯を古代ギリシア哲学研究に捧(ささ)げるとともに、政治にも関心をもち、時流にけっしておもねることのない評論を発表する。その文体は明晰(めいせき)で、だれにでも理解できることを目ざした。その結果、研究と啓蒙(けいもう)が一体となっている点に特色がある。晩年はプラトン研究に専念した。昭和60年12月18日死去。
 代表的著作としては『ロゴスとイデア』(1947)、『哲学初歩』(1950)、『善と必然との間』(1952)、『プラトン』全4巻(1979~1984)、『市民と国家』(1983)、『哲学談議とその逸脱』(1986)などがある。ほかにプラトンその他の翻訳が多数ある。[原島 正]
『『田中美知太郎全集』全14巻(1968~1971/増補版・1987~1990・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

田中美知太郎の関連キーワード朝鮮映画皮革工業指紋押捺制度世界女性会議正岡子規熱雲松竹(株)丹下左膳グロムイコ角閃石黒雲母花崗岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田中美知太郎の関連情報