コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中美知太郎 たなかみちたろう

6件 の用語解説(田中美知太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中美知太郎
たなかみちたろう

[生]1902.1.1. 新潟
[没]1985.12.18. 京都
哲学者,評論家。ギリシア哲学の権威。 1926年京都大学哲学科選科卒業。 1928年から法政大学講師,1930年からは東京文理大学講師を務めながら,ギリシア哲学のみならず,文学,歴史など西洋古典学全般にわたって研鑽を積んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たなか‐みちたろう〔‐ミチタラウ〕【田中美知太郎】

[1902~1985]哲学者。新潟の生まれ。京大教授。古代ギリシャ哲学、特にプラトン研究に業績をあげた。文化勲章受章。著「ロゴスイデア」「プラトン」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

田中美知太郎【たなかみちたろう】

哲学者。新潟県生れ。京大卒。京大教授。日本のギリシア・ラテン文化研究の先駆者で,戦争中は軍国主義ファシズムを批判し,戦後は〈進歩的文化人〉にも批判的であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中美知太郎 たなか-みちたろう

1902-1985 昭和時代の哲学者。
明治35年1月1日生まれ。昭和25年京大教授。ギリシャ哲学,とくにプラトン哲学の研究とその翻訳紹介につくす。日本西洋古典学会を設立し,委員長。ジャーナリズムの世界でも健筆をふるい,日本文化会議理事長をつとめた。53年文化勲章。昭和60年12月18日死去。83歳。新潟県出身。京都帝大卒。著作に「ロゴスとイデア」「善と必然との間に」「プラトン」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

たなかみちたろう【田中美知太郎】

1902~1985) 哲学者。新潟県生まれ。京大教授。プラトンをはじめとする古代ギリシャ哲学研究の一方で、政治評論を多数発表。著「ロゴスとイデア」「愛国心について」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中美知太郎
たなかみちたろう
(1902―1985)

西洋古典学者、評論家。明治35年新潟県に生まれる。1926年(大正15)京都帝国大学文学部哲学科選科修了。法政大学、東京文理科大学講師(ギリシア語と哲学の担当)を経て、1947年(昭和22)京都帝国大学文学部助教授となり、1950年京都大学文学部教授。1978年に文化勲章を受章。生涯を古代ギリシア哲学研究に捧(ささ)げるとともに、政治にも関心をもち、時流にけっしておもねることのない評論を発表する。その文体は明晰(めいせき)で、だれにでも理解できることを目ざした。その結果、研究と啓蒙(けいもう)が一体となっている点に特色がある。晩年はプラトン研究に専念した。昭和60年12月18日死去。
 代表的著作としては『ロゴスとイデア』(1947)、『哲学初歩』(1950)、『善と必然との間』(1952)、『プラトン』全4巻(1979~1984)、『市民と国家』(1983)、『哲学談議とその逸脱』(1986)などがある。ほかにプラトンその他の翻訳が多数ある。[原島 正]
『『田中美知太郎全集』全14巻(1968~1971/増補版・1987~1990・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中美知太郎の関連キーワード池上鎌三岩崎武雄植田清次梯明秀桂寿一川合貞一須田豊太郎淡野安太郎速水敬二山元一郎

田中美知太郎の関連情報