コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中美知太郎 たなかみちたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中美知太郎
たなかみちたろう

[生]1902.1.1. 新潟
[没]1985.12.18. 京都
哲学者,評論家。ギリシア哲学の権威。 1926年京都大学哲学科選科卒業。 1928年から法政大学講師,1930年からは東京文理大学講師を務めながら,ギリシア哲学のみならず,文学,歴史など西洋古典学全般にわたって研鑽を積んだ。 1945年の東京大空襲で大やけどを負う。 1947年京都大学助教授,1950~65年教授。 1950年,呉茂一,高津春繁らと日本西洋古典学会を設立し,1956~65年同委員長を務めた。さらに 1968年には福田恆存,小林秀雄,鈴木重信らと日本文化会議を設立,理事長となって「責任ある自由」の立場から評論活動を繰広げた。 1938年プラトンの『テアイテトス』の訳注を処女作に,『ロゴスイデア』 (1947) ,『善と必然との間に』 (1952) ,『哲学からの考察』 (1986) など,ギリシア哲学者の著作や悲喜劇の翻訳,および哲学論文集で日本の哲学界に新たな局面を切り開いた。さらに第2次世界大戦後は政治論や文明評論の分野でも存在感を示し,『政治的関心』 (1948) ,『原子力時代に思う』 (1954) ,『市民と国家』 (1983) など多くの評論や随筆を発表した。晩年には緑内障による視力障害をおして『プラトン』全4巻 (1979~84) を書き上げた。 1972年文化功労者。 1978年文化勲章を受章。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たなか‐みちたろう〔‐ミチタラウ〕【田中美知太郎】

[1902~1985]哲学者。新潟の生まれ。京大教授。古代ギリシャ哲学、特にプラトン研究に業績をあげた。文化勲章受章。著「ロゴスとイデア」「プラトン」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

田中美知太郎【たなかみちたろう】

哲学者。新潟県生れ。京大卒。京大教授。日本のギリシア・ラテン文化研究の先駆者で,戦争中は軍国主義ファシズムを批判し,戦後は〈進歩的文化人〉にも批判的であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中美知太郎 たなか-みちたろう

1902-1985 昭和時代の哲学者。
明治35年1月1日生まれ。昭和25年京大教授。ギリシャ哲学,とくにプラトン哲学の研究とその翻訳紹介につくす。日本西洋古典学会を設立し,委員長。ジャーナリズムの世界でも健筆をふるい,日本文化会議理事長をつとめた。53年文化勲章。昭和60年12月18日死去。83歳。新潟県出身。京都帝大卒。著作に「ロゴスとイデア」「善と必然との間に」「プラトン」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たなかみちたろう【田中美知太郎】

1902~1985) 哲学者。新潟県生まれ。京大教授。プラトンをはじめとする古代ギリシャ哲学研究の一方で、政治評論を多数発表。著「ロゴスとイデア」「愛国心について」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中美知太郎
たなかみちたろう
(1902―1985)

西洋古典学者、評論家。明治35年新潟県に生まれる。1926年(大正15)京都帝国大学文学部哲学科選科修了。法政大学、東京文理科大学講師(ギリシア語と哲学の担当)を経て、1947年(昭和22)京都帝国大学文学部助教授となり、1950年京都大学文学部教授。1978年に文化勲章を受章。生涯を古代ギリシア哲学研究に捧(ささ)げるとともに、政治にも関心をもち、時流にけっしておもねることのない評論を発表する。その文体は明晰(めいせき)で、だれにでも理解できることを目ざした。その結果、研究と啓蒙(けいもう)が一体となっている点に特色がある。晩年はプラトン研究に専念した。昭和60年12月18日死去。
 代表的著作としては『ロゴスとイデア』(1947)、『哲学初歩』(1950)、『善と必然との間』(1952)、『プラトン』全4巻(1979~1984)、『市民と国家』(1983)、『哲学談議とその逸脱』(1986)などがある。ほかにプラトンその他の翻訳が多数ある。[原島 正]
『『田中美知太郎全集』全14巻(1968~1971/増補版・1987~1990・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

田中美知太郎の関連キーワードヒッポリトス(エウリピデスの悲劇)アリストファネス(喜劇詩人)田中 美知太郎ヘラクレイトスメナンドロスソフィストソクラテス霊魂不滅昭和時代愛国心田中

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田中美知太郎の関連情報