コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田島利三郎 たじま りさぶろう

2件 の用語解説(田島利三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田島利三郎 たじま-りさぶろう

1869-1931 明治-昭和時代前期の沖縄研究者。
明治2年生まれ。26年沖縄中学に国語教師として赴任,「おもろさうし」を中心に沖縄の言語文化を研究。28年解雇され,30年上京。36年研究資料を教え子伊波普猷(いは-ふゆう)にゆずり,台湾,朝鮮などを放浪,昭和6年中国の漢口で客死した。63歳。新潟県出身。国学院卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田島利三郎
たじまりさぶろう
(1869―1931)

沖縄研究の先駆者。新潟県出身。1891年(明治24)皇典講究所国学院大学の前身)を卒業。93年4月に沖縄県尋常中学校の国語教師として赴任。4年に満たぬ滞在中に、オモロ研究をはじめ沖縄の言語と文化を研究。そのおり精力的に収集し書写した『おもろさうし』などの多くの資料は、「琉球(りゅうきゅう)語学材料」と名づけられ、のちになってそのすべては中学時代の教え子である伊波普猷(いはふゆう)に譲られた。その資料は今日の沖縄研究、とくにオモロ研究の礎石といってよいであろう。伊波が田島の旧稿「琉球語研究資料」を『琉球文学研究』(1924・青山書店)と改題して出した本がある。[外間守善]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田島利三郎の関連キーワード大塚保治小野重行坂湛桜井忠胤佐々木文一橋本実穎林喜右衛門真家信太郎松平直徳矢川ミキ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone