コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲浦 かんのうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲浦
かんのうら

高知県の東端,徳島県境に接する東洋町北部の集落。旧町名。 1959年野根町と合体して東洋町となる。甲浦港はリアス海岸の良港で,古来,商・漁港として発達。明治末期は捕鯨基地の,現在は沖合漁業の拠点。南部の白浜は,夏季,海水浴場,キャンプ地としてにぎわう。町役場が,野根と2年交代でおかれたが,1985年生見に新庁舎を建設した。「ぶっちょう造り」と呼ぶ特殊雨戸のある民家がみられる。甲浦港から阪神方面と足摺港へフェリーが就航。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲浦
かんのうら

高知県北東端、安芸(あき)郡東洋町の中心地区の一つ。徳島県に接する。湾入の多い沈降性海岸に位置する天然の良港で、古くから土佐と阿波(あわ)、上方(かみがた)を結ぶ中継港であった。江戸時代の参勤交代の際、この港から出国したこともある。明治期にはカツオ漁、捕鯨漁の基地となり、阪神との間に定期航路が開設され、その後は神戸、土佐清水間にフェリーが就航していたが、2005年(平成17)廃止となった。国道55号が通じ、阿佐海岸鉄道の終点となる甲浦駅がある。[正木久仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の甲浦の言及

【東洋[町]】より

…河口の野根は,江戸時代は野根山街道の宿場でもあった。町域東端の甲浦(かんのうら)は天然の良港で,土佐国の東の玄関口として古くから重要視された。生見(いくみ)では早くから野菜の促成栽培が盛ん。…

※「甲浦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

甲浦の関連キーワード阿波室戸シーサイドライン高知県安芸郡東洋町甲浦阿佐海岸鉄道阿佐東線高知県安芸郡東洋町土佐清水(市)岡山(市)高知(県)東洋[町]東洋(町)四国地方海部灘

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲浦の関連情報