コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲浦 かんのうら

2件 の用語解説(甲浦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲浦
かんのうら

高知県の東端,徳島県境に接する東洋町北部の集落。旧町名。 1959年野根町と合体して東洋町となる。甲浦港はリアス海岸の良港で,古来,商・漁港として発達。明治末期は捕鯨基地の,現在は沖合漁業の拠点。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲浦
かんのうら

高知県北東端、安芸(あき)郡東洋町の中心地区の一つ。徳島県に接する。湾入の多い沈降性海岸に位置する天然の良港で、古くから土佐と阿波(あわ)、上方(かみがた)を結ぶ中継港であった。江戸時代の参勤交代の際、この港から出国したこともある。明治期にはカツオ漁、捕鯨漁の基地となり、阪神との間に定期航路が開設され、その後は神戸、土佐清水間にフェリーが就航していたが、2005年(平成17)廃止となった。国道55号が通じ、阿佐海岸鉄道の終点となる甲浦駅がある。[正木久仁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の甲浦の言及

【東洋[町]】より

…河口の野根は,江戸時代は野根山街道の宿場でもあった。町域東端の甲浦(かんのうら)は天然の良港で,土佐国の東の玄関口として古くから重要視された。生見(いくみ)では早くから野菜の促成栽培が盛ん。…

※「甲浦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

甲浦の関連キーワード三嶺高知県安芸郡東洋町生見高知県安芸郡東洋町河内高知県安芸郡東洋町甲浦高知県安芸郡東洋町白浜高知県安芸郡東洋町高知県安芸郡東洋町野根乙高知県安芸郡東洋町野根甲高知県安芸郡東洋町野根丁高知県安芸郡東洋町野根丙

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甲浦の関連情報