コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山義春(1) はたけやま よしはる

1件 の用語解説(畠山義春(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山義春(1) はたけやま-よしはる

?-1643 戦国-江戸時代前期の武将。
能登(のと)(石川県)の守護,七尾城主畠山義続の次男。上杉謙信の人質となり,のち上条(じょうじょう)上杉家をつぐ。政繁を名のり,謙信の養子上杉景勝の妹と結婚。謙信の死後景勝と不和となり,越後(えちご)(新潟県)をさる。豊臣秀吉に,関ケ原の戦い以後は徳川家康につかえた。寛永20年8月13日死去。通称は弥五郎。号は宜順。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

畠山義春(1)の関連キーワード太田資武太田吉勝楠不伝榊原正吉座光寺為時戸田信光戸田光定本多重世松平清宗山岡景宗

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone