コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌行燈

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌行燈
うたあんどん

泉鏡花の短編小説。1910年(明治43)1月『新小説』に発表。17年(大正6)8月春陽堂刊の『粧蝶集』に収録。鏡花の母は能楽にかかわる家の出であり、『歌行燈』は能の世界に題材をとる円熟期の作。恩地源三郎の養子喜多八は、能楽界の鶴(つる)とうたわれながら、若気の過ちから、同じ流儀の盲人宗山に芸のうえで侮辱を与え自殺に追い込む。宗山の娘お三重は芸者に身を落とし、破門された喜多八は、いまは博多節(はかたぶし)の門付(かどづけ)芸人。源三郎が鼓の名手雪叟(せっそう)と桑名に宿をとった夜、彼らの席によばれたのは偶然にもお三重であった。そこからほど近いうどん屋で酒を飲みながら懺悔(ざんげ)する喜多八。桑名の夜景のなかで宿命の糸がやがて一つに結び合わされる。緊密な構成をもつ傑作。[笠原伸夫]
『『歌行燈』(岩波文庫・旺文社文庫・新潮文庫) ▽笠原伸夫著『歌行燈の空間構成』(『近代小説と夢』所収・1978・冬樹社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

歌行燈の関連キーワード四代目 横井製麺所衣笠貞之助ゑべっさんやじろべえ笠原伸夫泉 鏡花新派劇

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android