歌行燈

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌行燈
うたあんどん

泉鏡花の短編小説。1910年(明治43)1月『新小説』に発表。17年(大正6)8月春陽堂刊の『粧蝶集』に収録。鏡花の母は能楽にかかわる家の出であり、『歌行燈』は能の世界に題材をとる円熟期の作。恩地源三郎の養子喜多八は、能楽界の鶴(つる)とうたわれながら、若気の過ちから、同じ流儀の盲人宗山に芸のうえで侮辱を与え自殺に追い込む。宗山の娘お三重は芸者に身を落とし、破門された喜多八は、いまは博多節(はかたぶし)の門付(かどづけ)芸人。源三郎が鼓の名手雪叟(せっそう)と桑名に宿をとった夜、彼らの席によばれたのは偶然にもお三重であった。そこからほど近いうどん屋で酒を飲みながら懺悔(ざんげ)する喜多八。桑名の夜景のなかで宿命の糸がやがて一つに結び合わされる。緊密な構成をもつ傑作。[笠原伸夫]
『『歌行燈』(岩波文庫・旺文社文庫・新潮文庫) ▽笠原伸夫著『歌行燈の空間構成』(『近代小説と夢』所収・1978・冬樹社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うたあんどん【歌行燈】

小説。泉鏡花作。明治四三年(一九一〇)発表。破門された能楽界の新鋭を主人公に、芸道精神の厳しさを描き、作者の純粋へのあこがれを表わしたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android