痛くも痒くもない(読み)イタクモカユクモナイ

デジタル大辞泉の解説

痛(いた)くも痒(かゆ)くもな・い

少しも苦痛を感じない。まったく影響がない。痛痒(つうよう)を感じない。「何と言われようと―・い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ことわざを知る辞典の解説

痛くも痒くもない

なんの影響も受けない。何とも思わない。まったく平気である。つうようを感じない。

[使用例] 明日のヒルから加助が来てくれるから、と、いかにも私たちの居なくなるのを痛くも痒くもないような言い方でした[坂口安吾*明治開化 安吾捕物|1950]

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報