コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おめおめ オメオメ

デジタル大辞泉の解説

おめ‐おめ

[副]《動詞「怖(お)める」の連用形を重ねた語》恥ずべきことと知りながら、そのままでいるさま。また、恥とも思わないで平気でいるさま。「今さらおめおめ(と)帰れない」「よくもおめおめ(と)来られたものだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おめおめ

( 副 )
恥や不名誉に甘んじているさま。また、恥とも思わず平然としているさま。のめのめ。 「こんな恥辱を受けた以上、-とは帰れない」 「 -(と)よくも来られるものだ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

おめおめの関連キーワード玉となって砕くとも瓦となって全からじ面・頬・頰のさのさのめのめいやさ髻放つ連用形動詞袖手親父恥辱

おめおめの関連情報