平然(読み)ヘイゼン

デジタル大辞泉の解説

へい‐ぜん【平然】

[ト・タル][文][形動タリ]何事もなかったように落ち着きはらっているさま。「うそをつきながら平然としている」「平然たる態度」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へいぜん【平然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
平気なさま。周囲の様子に動じないさま。 「大試合にも-としている」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

へい‐ぜん【平然】

〘形動タリ〙
① 物事にあたって平気なさま。落ち着いて物事に動じないさま。自若。
※外科室(1895)〈泉鏡花〉上「虚心に平然たる状(さま)露はれて」
② 平らなさま。
日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「太地に凸凹なく起伏なく、渾円球上一面に平然」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平然の関連情報