コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白浜温泉 しらはまおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白浜温泉
しらはまおんせん

和歌山県南西部,白浜町西部にある温泉の総称。田辺湾に近い瀬戸湾岸と白良浜沿いに続く白浜温泉,その南方の湯崎温泉などからなる。白浜温泉は 1919年に開発された新興温泉だが,湯崎温泉は愛媛県の道後温泉,兵庫県の有馬温泉と並ぶ日本最古の温泉。古くは牟婁ノ湯(むろのゆ)として記され,『日本書紀』斉明3年の条には有間皇子がここに療養したことがみえる。『万葉集』にもうたわれた古来の名湯として知られる。食塩泉,重曹泉硫黄泉で,泉温は 42~90℃。胃腸病,神経痛などにきくといわれる。湯量が豊富で,湾岸沿いの各地で湧出。白浜側には高層ホテル,旅館が集中して歓楽的色彩が強いが,湯崎は趣を異にしており,南部には千畳敷と呼ばれる砂岩の平坦面や熱帯植物園などの観光資源が豊富にある。吉野熊野国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕白浜温泉(しらはまおんせん)


和歌山県西牟婁(にしむろ)郡白浜町、田辺(たなべ)湾を抱く白浜半島一帯にわく行楽・保養向きの温泉の総称。その一つ湯崎(ゆざき)温泉は古く『日本書紀』に牟婁の湯と記された古湯で、大正期に開発された白良浜(しらはま)地区の白浜温泉とともに発展。このほか東白浜温泉・大浦(おおうら)温泉なども含め日本有数の大温泉街・リゾートを形成。南紀観光の拠点で、沿岸は千畳敷(せんじょうじき)・三段壁(さんだんへき)・円月(えんげつ)島などの海食地形で有名。水族館・海中展望塔・南紀白浜アドベンチャーワールドなどのリゾート施設がある。ナトリウム-炭酸水素塩泉。泉温78℃。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白浜温泉
しらはまおんせん

和歌山県南西部の白浜町にある温泉。1919年(大正8)湯崎温泉の北部に土地会社により採掘された。現在では湯崎温泉をも包含して白浜温泉とよんでいる。泉質は炭酸水素塩泉。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

白浜温泉の関連キーワード和歌山県西牟婁郡白浜町白浜(静岡県)勝浦[温泉]南紀白浜温泉椿[温泉]白浜(町)白浜[町]牟婁の湯塩化物泉三段壁円月紀南

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白浜温泉の関連情報