コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白浜温泉 しらはまおんせん

3件 の用語解説(白浜温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白浜温泉
しらはまおんせん

和歌山県南西部,白浜町西部にある温泉の総称。田辺湾に近い瀬戸湾岸と白良浜沿いに続く白浜温泉,その南方の湯崎温泉などからなる。白浜温泉は 1919年に開発された新興温泉だが,湯崎温泉は愛媛県の道後温泉,兵庫県の有馬温泉と並ぶ日本最古の温泉。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕白浜温泉(しらはまおんせん)


和歌山県西牟婁(にしむろ)郡白浜町、田辺(たなべ)湾を抱く白浜半島一帯にわく行楽・保養向きの温泉の総称。その一つ湯崎(ゆざき)温泉は古く『日本書紀』に牟婁の湯と記された古湯で、大正期に開発された白良浜(しらはま)地区の白浜温泉とともに発展。このほか東白浜温泉・大浦(おおうら)温泉なども含め日本有数の大温泉街・リゾートを形成。南紀観光の拠点で、沿岸は千畳敷(せんじょうじき)・三段壁(さんだんへき)・円月(えんげつ)島などの海食地形で有名。水族館・海中展望塔・南紀白浜アドベンチャーワールドなどのリゾート施設がある。ナトリウム-炭酸水素塩泉。泉温78℃。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白浜温泉
しらはまおんせん

和歌山県南西部の白浜町にある温泉。1919年(大正8)湯崎温泉の北部に土地会社により採掘された。現在では湯崎温泉をも包含して白浜温泉とよんでいる。泉質は炭酸水素塩泉。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白浜温泉の関連情報