コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白絹病(ライグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

白絹病(ライグラス)

葉、葉鞘、稈および冠根など地上部全体に発生する糸状菌病。初め地面に近い葉や葉鞘が暗色水浸状になり、表面を白い絹糸状の菌糸がはう。後に栗褐色、直径0.3-0.5mmの菌核が形成され、植物体は地際部から腐敗するように枯れていく。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報