コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白絹病(ライグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

白絹病(ライグラス)

葉、葉鞘、稈および冠根など地上部全体に発生する糸状菌病。初め地面に近い葉や葉鞘が暗色水浸状になり、表面を白い絹糸状の菌糸がはう。後に栗褐色、直径0.3-0.5mmの菌核が形成され、植物体は地際部から腐敗するように枯れていく。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

白絹病(ライグラス)の関連キーワードアワモリショウマメチルブロマイドハナショウブ生物的防除土壌消毒菌核病

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android