コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白絹病(ライグラス)

1件 の用語解説(白絹病(ライグラス)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

白絹病(ライグラス)

葉、葉鞘、稈および冠根など地上部全体に発生する糸状菌病。初め地面に近い葉や葉鞘が暗色水浸状になり、表面を白い絹糸状の菌糸がはう。後に栗褐色、直径0.3-0.5mmの菌核が形成され、植物体は地際部から腐敗するように枯れていく。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白絹病(ライグラス)の関連キーワード蟻吸葉枯病(エンバク)紋枯病(エンバク)灰色かび病(アルファルファ)黒かび病(アカクローバ)黒かび病(クリムソンクローバ)黒かび病(ストロベリークローバ)灰色かび病(ヘヤリーベッチ)灰斑病ヘヤリーベッチ根腐病(トレフォイル)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone