百年の孤独(読み)ひゃくねんのこどく(英語表記)Cien años de soledad

日本大百科全書(ニッポニカ)「百年の孤独」の解説

百年の孤独
ひゃくねんのこどく
Cien años de soledad

コロンビアの小説家ガルシア・マルケス長編小説。1967年刊。架空の土地マコンドを舞台に、ブエンディーア一族の栄枯盛衰の歴史を、現実と幻想の境を取り払い、奇想天外な数々のエピソードを交え、饒舌(じょうぜつ)な文体で語り継ぎながら、ラテンアメリカという現実を逃れられない人間の不毛な愛や、孤独な生きざまを描き出す。コロンブスの発見以来、ラテンアメリカが歩んだ歴史を想起させるこの物語は、「ラテンアメリカの新しい神話」「『ドン・キホーテ』以来スペイン語で書かれたもっとも偉大なる作品」と評され、すでに25か国を超える言語に翻訳されている。

[内田吉彦]

『鼓直訳『百年の孤独』(1972・新潮社)』『鼓直他著『カリブの竜巻――G・ガルシア・マルケスの研究読本』(1984・北宋社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「百年の孤独」の解説

百年の孤独【ひゃくねんのこどく】

1967年に発表されたガルシア・マルケスの長編小説。アルゼンチンで出版されるやベストセラーとなり,これまでに30ヵ国語以上に翻訳され,1000万部以上を売ったとされる。物語は,架空の町マコンドの創設からその滅亡に至るまでのブエンディーア一族が辿った100年の年代記で,それをラテン・アメリカの歴史にそのまま重ね合わせることもできる。奇矯な人物が織り成す無数のエピソードを組み合わせたテクストは,文学性と大衆性の両面を兼ね備え,20世紀小説世界に大きな貢献を果たした。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「百年の孤独」の解説

ひゃくねんのこどく【百年の孤独】

宮崎麦焼酎。仕込み水は軟水の尾鈴山系の伏流水を使用。白麹を用いてで仕込み、樫樽で3~5年熟成させる。原料二条大麦麦麹。アルコール度数40%。蔵元の「黒木本店」は明治18年(1885)創業。原料の有機栽培も手がける。所在地は児湯郡高鍋町大字北高鍋。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉「百年の孤独」の解説

ひゃくねんのこどく【百年の孤独】

原題、〈スペイン〉Cien años de soledadガルシア=マルケスの長編小説。1967年刊。南米の架空の村マコンドを舞台とした、百年にわたる奇想天外な年代記。著者の代表作で、世界的ベストセラーとなった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android