コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皆瀬 みなせ

2件 の用語解説(皆瀬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皆瀬
みなせ

秋田県南東部,湯沢市南西部の旧村域。南は宮城県に接する。 2005年湯沢市,雄勝町,稲川町と合体して湯沢市となった。雄物川支流の皆瀬川中・上流域にあり,米作,酪農が行なわれる。森林資源にも恵まれ,林業も発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皆瀬
みなせ

秋田県南東部、雄勝(おがち)郡にあった旧村名(皆瀬村(むら))。現在は湯沢市の東部を占める地域。旧皆瀬村は、2005年(平成17)稲川(いなかわ)、雄勝の2町とともに湯沢市に合併。皆瀬川の上流にあり、川沿いを国道398号が走る。地域の92%が山林原野で、冬は5か月間積雪が3メートルに及ぶ豪雪地帯。耕地は3%にすぎず、東京方面への季節労働に出る者が多い。南部の宮城県境一帯は栗駒(くりこま)国定公園に属し、小安(おやす)温泉や湖沼群、皆瀬ダムなどがある。米作のほか、地熱を利用した施設園芸作物の栽培を行っている。[宮崎禮次郎]
『『皆瀬村史』(1993・皆瀬村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皆瀬の関連情報