コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益田右衛門介 ますだうえもんのすけ

4件 の用語解説(益田右衛門介の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

益田右衛門介
ますだうえもんのすけ

[生]天保4(1833).9. 萩
[没]元治1(1864).11.12. 徳山
幕末の長州藩家老。名は親施 (ちかのぶ) 。1万 2000石。益田家は永代家老。吉田松陰に師事。攘夷親征に尽力し,禁門の変を起したが敗れ,国司 (くにし) 信濃,福原越後とともに自刃を命じられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

益田右衛門介 ますだ-うえもんのすけ

1833-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)4年9月2日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の家老。文久3年京都にゆき攘夷(じょうい)親征を建議したが,八月十八日の政変で七卿(しちきょう)とともに帰藩。元治(げんじ)元年禁門の変をおこし,第1次幕長戦争の際の降伏条件として,同年11月11日切腹を命じられた。32歳。名は兼施,親施(ちかのぶ)。通称は別に弾正。号は霜台。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

益田右衛門介

没年:元治1.11.11(1864.12.9)
生年:天保4.9.2(1833.10.14)
幕末の長州(萩)藩の家老。名は兼施,のち親施。通称,幾三郎,弾正,のち越中,右衛門介。号,霜台。阿武宰判(萩藩の郷村支配の中間組織)益田の永代家老家,元宣の次男で,嘉永2(1849)年1万2063石余の家督をつぐ。相州警衛総奉行として外警に当たる。安政3(1856)年に当職(国家老)に任じ,通商条約締結の際に,周布政之助らと藩の自律を唱え,当役になる。文久2(1862)年の尊攘の藩是決定に参画した。翌年の8月18日の政変で藩は京都を追われる。元治1(1864)年,上京するが,禁門の変に敗れ,第1次長州征討に際し,幕府への謝罪のために三家老のひとりとして切腹を命ぜられた。

(井上勝生)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ますだうえもんのすけ【益田右衛門介】

1833‐64(天保4‐元治1)
幕末長州藩の重臣。永代家老の益田家に生まれ,名は兼施,のち親施。弾正,越中とも称した。1857年(安政4)家老に任じ,藩政改革尊王攘夷運動中心人物の一人であったが,64年(元治1)藩勢挽回を目指す禁門の変に兵を率いて参戦し,敗走した。領地の須佐に謹慎の後,征長軍を迎え,同年11月幕府への謝罪のため三家老の一人として切腹し,益田家も一時,御神本(みかもと)と改姓した。【井上 勝生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

益田右衛門介の関連キーワード堀真五郎宍戸左馬之介福原越後生田良佐沖剛介小国融蔵酒井庄之助前田孫右衛門松前勘解由村河直方

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone