コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益田右衛門介 ますだうえもんのすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

益田右衛門介
ますだうえもんのすけ

[生]天保4(1833).9.
[没]元治1(1864).11.12. 徳山
幕末の長州藩家老。名は親施 (ちかのぶ) 。1万 2000石。益田家は永代家老。吉田松陰に師事。攘夷親征に尽力し,禁門の変を起したが敗れ,国司 (くにし) 信濃,福原越後とともに自刃を命じられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

益田右衛門介 ますだ-うえもんのすけ

1833-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)4年9月2日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)の家老。文久3年京都にゆき攘夷(じょうい)親征を建議したが,八月十八日の政変で七卿(しちきょう)とともに帰藩。元治(げんじ)元年禁門の変をおこし,第1次幕長戦争の際の降伏条件として,同年11月11日切腹を命じられた。32歳。名は兼施,親施(ちかのぶ)。通称は別に弾正。号は霜台。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

益田右衛門介

没年:元治1.11.11(1864.12.9)
生年:天保4.9.2(1833.10.14)
幕末の長州(萩)藩の家老。名は兼施,のち親施。通称,幾三郎,弾正,のち越中,右衛門介。号,霜台。阿武宰判(萩藩の郷村支配の中間組織)益田の永代家老家,元宣の次男で,嘉永2(1849)年1万2063石余の家督をつぐ。相州警衛総奉行として外警に当たる。安政3(1856)年に当職(国家老)に任じ,通商条約締結の際に,周布政之助らと藩の自律を唱え,当役になる。文久2(1862)年の尊攘の藩是決定に参画した。翌年の8月18日の政変で藩は京都を追われる。元治1(1864)年,上京するが,禁門の変に敗れ,第1次長州征討に際し,幕府への謝罪のために三家老のひとりとして切腹を命ぜられた。

(井上勝生)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ますだうえもんのすけ【益田右衛門介】

1833‐64(天保4‐元治1)
幕末長州藩の重臣。永代家老の益田家に生まれ,名は兼施,のち親施。弾正,越中とも称した。1857年(安政4)家老に任じ,藩政改革・尊王攘夷運動の中心人物の一人であったが,64年(元治1)藩勢挽回を目指す禁門の変に兵を率いて参戦し,敗走した。領地の須佐に謹慎の後,征長軍を迎え,同年11月幕府への謝罪のため三家老の一人として切腹し,益田家も一時,御神本(みかもと)と改姓した。【井上 勝生】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

益田右衛門介 (ますだうえもんのすけ)

生年月日:1833年9月2日
江戸時代末期の長州(萩)藩家老
1864年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

益田右衛門介の関連キーワード宍戸左馬之介前田孫右衛門蛤御門の変生年月日長州征伐国司信濃小国融蔵没年

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android