禁門の変(読み)きんもんのへん

  • きんもん
  • の 変(へん)
  • 禁門

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蛤 (はまぐり) 御門の変ともいう。幕末長州藩兵と幕府との京都御所付近における戦闘。文久2 (1862) 年以来,攘夷主義を掲げて朝廷に支配的影響力を有した長州は,文久三年八月十八日の政変で,薩摩藩兵に京都を追われて失脚した。その後長州藩が再起を期している矢先池田屋事件で多数の攘夷派志士が新撰組のため殺害,逮捕された。これに憤激した長州藩では,真木和泉らの急進論が支配的となり,京都守護職の追放を掲げて藩が決起し,元治1 (64) 年7月 18日夜,御所を目指して突入した。特に蛤御門口の戦闘は激しく,長州勢は最初は優位に立ったが,薩摩藩兵の来襲により敗退し,これによって長州勢は全面的に撤退した。この戦闘で,多数の長州藩攘夷派志士が戦死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

蛤御門(はまぐりごもん)の変とも。文久3年8月18日の政変で京都を追われ,朝廷の九門の一つ,禁門警備のを解かれた長州勢が勢力奪回を図って敗れた事件。藩主父子の名誉回復や追放された七卿の帰洛を嘆願していた長州では周布政之助高杉晋作らの持重論と急進派の進発論が渦巻いていたが,池田屋事件の報で急進派が藩論を制した。1864年急進派の3家老が藩兵を率いて上京し,朝廷警備に当たっていた京都守護職松平容保の率いる薩摩・会津連合軍と戦った。しかし御門(京都御所外郭西側の門)の激戦で長州勢は完敗し敗走。第1次長州征伐発端となった。→七卿落
→関連項目海軍操練所久坂玄瑞西郷隆盛尊王攘夷運動平野国臣真木和泉明治維新

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

防府市歴史用語集の解説

 1864年、長州藩[ちょうしゅうはん]が不利になった形勢を立て直すために京都に攻めこんだのですが、京都を警備していた会津藩主松平容保[まつだいらかたもり]の軍に負けた事件のことを言います。蛤御門の変[はまぐりごもんのへん]とも言います。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1864年(元治1)7月19日,長州藩と朝廷を固める会津藩,薩摩藩らの諸藩の間で起きた戦闘。蛤(はまぐり)御門の変ともいう。これより前,尊王攘夷を主張する長州藩は,〈文久3年(1863)8月18日の政変〉で,公武合体派の会津藩や薩摩藩らの諸藩兵により京都から追われ,朝廷の九門の一つ,禁門警備の任を免じられ,藩主が処罰された。長州藩には,京都を脱走した七卿や真木和泉らの浪士も集結し,失地回復をめぐって進発論や持重論が渦巻いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

元治元年(一八六四)に起きた戦い。その前年の文久三年八月一八日の政変で、京都での地位を失った長州藩は、勢力回復のために種々画策したが思うようにいかず、この年、藩の家老三人が兵を率いて上京し、七月一八日、会津藩、薩摩藩の兵と京都御所蛤御門の付近で会戦して敗れた。その後の第一次長州征伐の端緒となる。蛤御門の変。元治の変。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

1864(元治元)年,京都でおこった長州藩の出兵による兵乱
蛤 (はまぐり) 御門の変・元治甲子の変ともいう。八月十八日の政変(1863)で京都を追われた長州藩は,勢力回復のため藩主父子の無実を訴え,尊攘派7卿の赦免を願ったが許されず,さらに池田屋事件がおこったことから出兵,入京して,薩摩・会津・桑名の藩兵と蛤御門付近で交戦したが敗北長州征討の発端となった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

禁門の変の関連情報