コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須佐 すさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

須佐
すさ

山口県北部,萩市北部の旧町域。日本海に臨む。 1924年町制。 1955年弥富村と合体。 2005年萩市,川上村,田万川町,むつみ村,村,福栄村の6市町村と合体して萩市となった。中心集落の須佐は沿岸航路の寄港地として発展し,現在は漁港。山間地では林業を行なう。無角牛を飼育。ろう石から耐火煉瓦を製造。国の名勝および天然記念物須佐湾を中心にホルンフェルスの断崖などがある。沿岸部は北長門海岸国定公園に属する。高山の磁石石は国の天然記念物。唐津には須佐唐津焼の窯跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

須佐
すさ

山口県北東部、阿武(あぶ)郡にあった旧町名(須佐町(ちょう))。現在は萩(はぎ)市の北部を占める地域。島根県に接する。旧須佐町は、1924年(大正13)町制施行。1955年(昭和30)田万(たま)川上流の山間農村の弥富(やどみ)を合併。2005年(平成17)萩市と合併。JR山陰本線、国道191号、315号が通じる。旧町時代は役場が置かれ、現在は萩市須佐総合事務所のある須佐は、日本海に臨む須佐湾頭に立地するイカ一本釣り漁業の盛んな漁業の町。近世には長州藩家老益田(ますだ)氏の領地で、石州街道に沿う市場町でもあった。須佐湾は北長門(きたながと)海岸国定公園の一中心をなし、ホルンフェルス大断層、畳岩や屏風(びょうぶ)岩などの海食景観がみられる。犬鳴(いぬなき)山北麓(ろく)の唐津(からつ)には須佐青磁を産した近世の民窯跡がある。[三浦 肇]
『『須佐町誌』(1993・須佐町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

須佐の関連キーワード広島県三次市甲奴町小童島根県出雲市佐田町須佐福岡県行橋市元永武蔵一宮氷川神社山口県萩市須佐寄さす・任さす長者山新羅神社坂本喜左衛門千座の置き戸木花知流比売沼名前神社久麻久神社佐田〈町〉佐田[町]神大市比売須佐[町]大矢田神社市杵島姫命須勢理毘売牛島神社

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

須佐の関連情報