コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須佐 すさ

2件 の用語解説(須佐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

須佐
すさ

山口県北部,萩市北部の旧町域。日本海に臨む。 1924年町制。 1955年弥富村と合体。 2005年萩市,川上村,田万川町,むつみ村,村,福栄村の6市町村と合体して萩市となった。中心集落の須佐は沿岸航路の寄港地として発展し,現在は漁港。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

須佐
すさ

山口県北東部、阿武(あぶ)郡にあった旧町名(須佐町(ちょう))。現在は萩(はぎ)市の北部を占める地域。島根県に接する。旧須佐町は、1924年(大正13)町制施行。1955年(昭和30)田万(たま)川上流の山間農村の弥富(やどみ)を合併。2005年(平成17)萩市と合併。JR山陰本線、国道191号、315号が通じる。旧町時代は役場が置かれ、現在は萩市須佐総合事務所のある須佐は、日本海に臨む須佐湾頭に立地するイカ一本釣り漁業の盛んな漁業の町。近世には長州藩家老益田(ますだ)氏の領地で、石州街道に沿う市場町でもあった。須佐湾は北長門(きたながと)海岸国定公園の一中心をなし、ホルンフェルス大断層、畳岩や屏風(びょうぶ)岩などの海食景観がみられる。犬鳴(いぬなき)山北麓(ろく)の唐津(からつ)には須佐青磁を産した近世の民窯跡がある。[三浦 肇]
『『須佐町誌』(1993・須佐町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

須佐の関連キーワード余部香住山口県阿武郡阿武町山口県萩市江向山口県萩市大井山口県萩市北片河町山口県萩市北古萩町山口県萩市紫福須佐〈町〉田万川〈町〉

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

須佐の関連情報