コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盛世才 せいせいさいSheng Shi-cai; Shêng Shihts`ai

3件 の用語解説(盛世才の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

盛世才
せいせいさい
Sheng Shi-cai; Shêng Shihts`ai

[生]光緒21(1895)/光緒22(1896)
[没]1970.7.
中国,遼寧省出身の政治家,軍人。中国の抗日戦,第2次世界大戦の激動期を新疆省で過した。 20代と 30代のとき日本に留学し,そののち新疆省に赴任。省主席の金樹仁のもとで,1931~35年の馬仲英によるイスラム教徒反乱の鎮圧に従事しながら次第に実権を握り,33年8月には省主席となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

盛世才【せいせいさい】

中国の軍人,政治家。遼寧省生れ。日本に留学したあと1929年ごろ新疆省主席の金樹仁の幕僚。1933年金樹仁の失脚とともに実権を掌握。反帝国主義・親ソ連などの政策を掲げ,1938年ソ連共産党に入党。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいせいさい【盛世才 Shèng Shì cái】

1895‐1970
中国の軍人,政治家。遼寧省の人。日本に留学して早稲田大学および陸軍士官学校に学ぶ。1929年末ごろシベリア経由で新疆省に行き,省主席金樹仁の幕僚となる。33年金樹仁の失脚とともに実権を掌握。反帝・親ソを含む六大政策を掲げ,38年には訪ソしてソ連共産党に入党。しかし,42年には重慶の国民政府との関係を改善し,民主派・共産党員を弾圧して,毛沢民(1896‐1943)らを殺害。独ソ戦でのソ連の優勢が明らかになると再び親ソ路線に転じようとしたが,44年8月重慶に召喚され閑職に就けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

盛世才の関連キーワード深刻小説日清戦争観念小説文芸倶楽部閔妃暗殺事件金弘集ブラウンスアダメロ岩博文館バレーラ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone