清廉(読み)セイレン

デジタル大辞泉の解説

せい‐れん【清廉】

[名・形動]心が清らかで私欲がないこと。また、そのさま。廉潔。「清廉の士」「清廉人物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいれん【清廉】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
心が清らかで、私欲のない・こと(さま)。 「 -な人」 「 -の士」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐れん【清廉】

〘名〙 (形動) 心が清く私欲のないこと。行ないがいさぎよく、私利私欲をはかる心がないこと。また、そのさま。
※続日本紀‐和銅六年(713)三月壬午「性識清時務、而蓄銭乏少、不六貫
※山鹿語類(1665)二一「清廉と云は、外の賄賂内の財貨更に心に不付して、世人の難行所に卓爾と立ちて更に不屈」 〔荘子‐説剣〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清廉の関連情報