盛典(読み)セイテン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

盛典 せいてん

1663-1747 江戸時代前期-中期の僧。
寛文3年生まれ。真言宗。仏教のほか儒教,国学をおさめる。元禄(げんろく)ごろ武蔵(むさし)足立郡日出谷(ひでや)村(埼玉県)の知足院住職,寛保(かんぽう)ごろ下野(しもつけ)(栃木県)佐野の大聖院住職となる。延享4年10月死去。85歳。武蔵埼玉郡出身。俗姓は新槙。著作に「悉曇(しったん)字記指南鈔」「韻鏡易解」など。

盛典 しょうてん

せいてん

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android