コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直示てんびん(直示天秤) ちょくじてんびんdirect reading balance

1件 の用語解説(直示てんびん(直示天秤)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくじてんびん【直示てんびん(直示天秤) direct reading balance】

物体の精密な質量測定が迅速にでき,その結果が直接に表示できるてんびんで,2本刃型と3本刃型とがある。2本刃型直示てんびんは単に直示てんびんと呼ばれ,使用されているてんびんのほとんどがこれに属する。図は直示てんびんの構造を示す。てこの重点に皿と秤量に相当する内蔵分銅(計量法規の規制外の分銅で質量が正しく調整してある)とをつるし,力点側にてこの振動を急速に停止させるダンパー(ピストンシリンダーからなる)のピストン,つり合い読取用目盛ガラス板とてこのつり合せ用カウンターウェイトとが固定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone