コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直示てんびん(直示天秤) ちょくじてんびん direct reading balance

1件 の用語解説(直示てんびん(直示天秤)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくじてんびん【直示てんびん(直示天秤) direct reading balance】

物体の精密な質量測定が迅速にでき,その結果が直接に表示できるてんびんで,2本刃型と3本刃型とがある。2本刃型直示てんびんは単に直示てんびんと呼ばれ,使用されているてんびんのほとんどがこれに属する。図は直示てんびんの構造を示す。てこの重点に皿と秤量に相当する内蔵分銅(計量法規の規制外の分銅で質量が正しく調整してある)とをつるし,力点側にてこの振動を急速に停止させるダンパー(ピストンシリンダーからなる)のピストン,つり合い読取用目盛ガラス板とてこのつり合せ用カウンターウェイトとが固定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

直示てんびん(直示天秤)の関連キーワード重さ後流子午環質点質量中心仮想質量希釈法質量分光測定身体水分量測定法(希釈法)TMSテスター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone