直示てんびん(直示天秤)(読み)ちょくじてんびん(英語表記)direct reading balance

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくじてんびん【直示てんびん(直示天秤) direct reading balance】

物体の精密な質量測定が迅速にでき,その結果が直接に表示できるてんびんで,2本刃型と3本刃型とがある。2本刃型直示てんびんは単に直示てんびんと呼ばれ,使用されているてんびんのほとんどがこれに属する。図は直示てんびんの構造を示す。てこの重点に皿と秤量に相当する内蔵分銅(計量法規の規制外の分銅で質量が正しく調整してある)とをつるし,力点側にてこの振動を急速に停止させるダンパー(ピストンシリンダーからなる)のピストン,つり合い読取用目盛ガラス板とてこのつり合せ用カウンターウェイトとが固定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android