直臣(読み)じきしん

世界大百科事典 第2版の解説

じきしん【直臣】

中・近世武家社会における直属の家臣の称。主君の直接支配下に属する家臣のこと。直参の武士の称。陪臣に対する。鎌倉時代,北条氏得家の被官は御内人(みうちびと)と呼ばれ,得宗の直臣ではあるが,将軍家からすれば陪臣となる。これに対して一般御家人は外様御家人とよばれ疎外されたが,将軍家からみれば直臣である。しかしその主従関係は比較的薄かった。室町時代以後は将軍家は直属の家臣を掌握することにつとめ,権力の強化をはかっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じき‐しん ヂキ‥【直臣】

〘名〙 江戸時代、旗本・御家人などの将軍直属の武士。直参。
※開化の入口(1873‐74)〈横河秋濤〉三「大名小名或は旗元御家人直臣(ヂキシン)陪臣一文上りの世界と成て」

ちょく‐しん【直臣】

〘名〙
① 直言する臣。また、正直な臣下。
※三国伝記(1407‐46頃か)一〇「直臣賢才を播し、蘭芬の文章を御(おさめ)たり」 〔漢書‐朱雲伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報