コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直臣 じきしん

世界大百科事典 第2版の解説

じきしん【直臣】

中・近世武家社会における直属の家臣の称。主君の直接支配下に属する家臣のこと。直参の武士の称。陪臣に対する。鎌倉時代,北条氏得宗家の被官は御内人(みうちびと)と呼ばれ,得宗の直臣ではあるが,将軍家からすれば陪臣となる。これに対して一般御家人は外様御家人とよばれ疎外されたが,将軍家からみれば直臣である。しかしその主従関係は比較的薄かった。室町時代以後は将軍家は直属の家臣を掌握することにつとめ,権力の強化をはかっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

直臣の関連キーワードウィリアム1世モンフォール曲淵勝左衛門角牟礼城跡カロザース公方御料所野村左兵衛守護領国制蜂須賀正勝尼子経久赤松義祐8月9日木下家定大鳥圭介浅草御蔵上杉景勝井伊直政藤堂高虎戦国大名六合雑誌

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android