コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直臣 じきしん

2件 の用語解説(直臣の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

直臣【じきしん】

中・近世武家社会における直属の家臣の称。主君の直接支配下に属し,陪臣に対する。鎌倉時代御家人江戸時代大名旗本御家人は将軍に対して直臣にあたる。また江戸時代,直臣のうち大名を除く旗本・御家人を総称して直参といった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じきしん【直臣】

中・近世武家社会における直属の家臣の称。主君の直接支配下に属する家臣のこと。直参の武士の称。陪臣に対する。鎌倉時代,北条氏得宗家の被官は御内人(みうちびと)と呼ばれ,得宗の直臣ではあるが,将軍家からすれば陪臣となる。これに対して一般御家人は外様御家人とよばれ疎外されたが,将軍家からみれば直臣である。しかしその主従関係は比較的薄かった。室町時代以後は将軍家は直属の家臣を掌握することにつとめ,権力の強化をはかっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

直臣の関連キーワード安堵状三方楽人社会構造社会政策被官家の子郎等社会倫理幕臣労働問題藤直幹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

直臣の関連情報