コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相の間 あいのま

1件 の用語解説(相の間の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相の間
あいのま

2つの部屋の間の空間をさす。神社建築では本殿と拝殿の間をいい,特に八幡造の前殿と後殿の間や権現造の本殿と拝殿の間の空間をさす。権現造の社殿では本殿と拝殿の間を一段低くして床を張り,土間あるいは石敷きとしたために石の間とも称された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の相の間の言及

【神社建築】より


[八幡造]
 住吉造と並ぶ二室神殿として宇佐神宮本殿を代表とする八幡造がある(図6)。外観を見ると2棟の切妻造平入りの建物が前後に接続した形であるが,両殿の中間を相の間として建物のなかに取りこみ,相の間を前殿と一体として扱うので内部は連続する2室となる。平安初期に宇佐八幡を勧請して創立した京都の石清水(いわしみず)八幡宮も同じ形式であるが,相の間の床が低く張ってある点がかえって宇佐よりも古風であって,古くはこの部分が土間であった。…

※「相の間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

相の間の関連キーワードスペース摩り麝香の間次の間屋根裏和室間の間上の間時空空間パーテーション

相の間の関連情報