相模国分寺跡(読み)さがみこくぶんじあと

国指定史跡ガイドの解説


神奈川県海老名市国分南にある国分寺跡。県の中央を南流する相模川が形成した河岸段丘に位置する。741年(天平13)の聖武天皇の(みことのり)によって相模国に置かれた国分寺跡で、1921年(大正10)に国の史跡に指定された。1965年(昭和40)からの発掘調査で、主要伽藍(がらん)配置は、東側に金堂、西側に塔、北側中心部に講堂を配し周囲を中門・回廊で囲む法隆寺式で、全国の国分寺では珍しい配置であることが確認された。現在では寺のシンボルともいえる塔跡が整備され、当時の基壇の様子が復元されているが、高さ1mほどの基壇上に建てられており、古代建築学から復元すると七重塔で高さが65mあったと推定される。金堂跡は高さ1mほどの基壇上に16個の礎石、講堂跡は高さ1mほどの基壇上に12個の礎石が現存する。中門・回廊跡は削平されており、僧坊跡は東西に長く広がりをもつもので、8部屋が確認されている。小田急小田原線ほか海老名駅から徒歩約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android