コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海老名市 えびな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海老名〔市〕
えびな

神奈川県中部,相模川中流東岸にある市。東半は相模原台地,西半は相模平野が占める。 1955年有馬村と海老名町が合体し,71年市制。地名は大きなエビが生息していた土地の意に由来するといわれる。早くから開かれた地で,台地末端には相模国の最初の国府がおかれたといわれている。付近には国分寺の南北 1kmにわたる礎石が残り,相模国国分寺跡として史跡に指定されている。条里制遺構もみられる。施設栽培が行われる。 JR相模線,相模鉄道,小田急電鉄小田原線が通り,東京,横浜の衛星都市として住宅,工場の建設が盛ん。特に海老名駅周辺は急激に発展している。面積 26.59km2。人口 13万190(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

海老名市の関連キーワード海老名市立郷土資料館 海老名市温故館神奈川県海老名市杉久保北神奈川県海老名市杉久保南ショッパーズプラザ海老名神奈川県海老名市国分寺台神奈川県海老名市東柏ケ谷神奈川県海老名市さつき町神奈川県海老名市上河内神奈川県海老名市門沢橋神奈川県海老名市河原口神奈川県海老名市杉久保神奈川県海老名市中新田神奈川県海老名市下今泉神奈川県海老名市中河内神奈川県海老名市浜田町神奈川県立相模三川公園神奈川県海老名市上今泉神奈川県海老名市国分北神奈川県海老名市柏ケ谷神奈川県海老名市国分南

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海老名市の関連情報